2012年12月の日記

2012年12月31日(月)雪後くもり
 えらく朝が遅い、と 思ってたら雪じゃないか。気温が上がらないから雨にならない。シブシブ起きる。理由は大晦日だが、月曜日なんだ。そのため資金繰りに郵便局へ走る。これも バカげた理由だが、この前、大づかえの中で数諭吉を引き出そうとしたら、僕の番になった途端、「千円札になります」ときたのでネ。大いに困ったことになっ たためだ。
 もう一つは、口座への入金不可、となっているところが大半なので、これまた自重しなければならない。全ては年明け4日からだが、これまた金曜日ときてい る。この日に一気に入金送金関係がくるのだから大変。送金は翌日営業日(1月4日)の予約だな。とにかく、郵便貯金のATMが使用できなくなるから、これ がツライのだよね。最悪は労金へ行かなければならないが、ま、これだけでも助かる。
 宝くじは大当たりの6等。ただし、1等の組が13、番号が4000と2等の組が5、番号が800違いのものがあったから、これからはバラで購入した方が おもしろいかもしれない。
 ま、運試しと夢を見させていただいたから、これはこれで終わりとしよう。十数年前の組と番号が1番違いのあの震えは忘れられん。それゆえ、夢なんだよ ね。買い続けるには困難が伴う。せめて、西日本ぐらいか。
 さて、どうしても睡眠がマズイので、クタクタになった枕を買い換えにダイキまで出かける。外へ出てどうこう出来ない天候だし、本年はこれにて終了かな。 紅白もそんなには見たいとも思わないし、行く年来る年もテレビは短時間だし、ま、夜はラジオに逃げ込むことにしたいね。テレビがデジタルだから、音声はラ ジオだと、画面と少しずれるんだ。昔は結構ラジオの解説が楽しくてこれをやってたな〜。テレビで見ると、何かつまらないから、途中からラジオに換えた。テ レビはアイアンシェフを見ていた。この方がおもしろいしね。
 正月休み用にやるものは揃った。Pismoにはいよいよアレを装着するぞ!っと。そうそう、キャノンとニコンのバッテリーもOKになったし、何と iPodの1G 5GB用のバッテリーも入手できた。リチウムポリマーバッテリーの使い方をもう一度学習する必要があるな〜。最初の5GBモデルは今のiPodと違い、無 骨だけど、iTunesの8までぐらいで対応できて音が結構イイのだよ。これがあるので無視することが出来ないのよね。
 というところで、今年はお仕舞い。

2012年12月30日(日)雨後くもり
 シャーっという音で雨に気付く。しかしね、最近少しばかり上手く行かないことがあって、どうも気付かれ気味でそのまま7時過ぎまで眠ってしまった。
 郵便局の荷物追跡では9時過ぎに到着しているゆうメール便が、11時前にようやく届く。これがゆうメール?。驚き。送り主が余程ゼニ持ちなんであろう か、完全に補償が必要な物の送付なんだけどね〜。こればかりは送り主の都合だからどうすることも出来ないか。郵便局に到着して直ぐさま配達だから、その時 間が9時過ぎなんだ。ゆうパックだったら、受け取った後が配達時間なんだけどね。
 次号でトンデモナイMacBook 2007モデルができあがった。これが快速快適なことこの上ない。流石によく売れた機種であることは間違いないことがよく解ったよ。詳しくはいずれ紹介し ましょ。
 テレビジョンは特番でつまらない。お休みの日曜日だから娯楽性があっても良いのにと思うのだけどね。ということから、午後はラジオ。NHK 第1放送の「近田春夫の歌謡曲って何だ?」の特番だ。ワイルドワンズの加瀬さん、植田さんがゲストの3時台は、結構懐かしい。あの頃の楽器の関係など、や はり僕やT君のように、ミュージックマシンから入った方々も多い、ってことだな。
 毎度記載するけど、AM放送もかなりクリアーで音質そのものはFMより好ましいものがあるように感じる。これは若い人にはあまり感じられないことだろう か。我々の若かりし時代は、このAM特有の音質をいかに良くするか、が重要な課題だったんだけどね。
 さ、泣いても笑っても明日で今年も終わり。今年の振り返りはやらないけど、一つだけ、今年は3月の退職後から順調のはずだったけど、5月からは身内の生 死をかけた病気の件で11月末までは気分が滅入ってしまった。二親等ゆえ、外面にはあまり出さなかったけど、ちょうど自分の幼い頃を想い出したり、妙な気 分になってしまったりして、大きいものにも手が出せなかった。これだけが大きなことであった。
 で、来年のことを思うと「越年」が重い言葉に感じてきて、年越し自体を自然体でやろうと考えたところだ。

2012年12月29日(土)くもり後はれ
 1日中、年越しの準備。昨年は切羽詰まったが、物に結構恵まれていて事なきを得たが、今年は昨日の注連縄からはじまって、そうはいかない。その第一は仏 壇用の小さいシキビの束が見つからないのだ。最後の最後、近所のフラワ−センターでようやくゲット。
 で、頂き物のシキビを持ってお墓へ。あ、もちろん位牌堂のお供えも持参。お墓は雑草がわずかであったが、年末故刈り取りは止めた。明年お天気が続いた頃 にやろう。
 辰野川沿いを下って駅前へ。どういうわけか車が多い。今日は土曜日だしね。明日は今年最後の日曜日だ。どうも雨模様だから、ノンビリ感覚の予定か。ゴミ ゴミよりは家の中の方がいい。
 郵便局へ国際便を出した後、年末のあいさつがてら市内を回る。夕方になると静かだな、と思う。愛媛新聞紙上で偉いさんの対談記事が出ていた。ヤングエグ ゼクティブから少しばかり上へいったシニアランクのエグゼクティブだ。いやし博の後の今を見ると妙に記事の内容がチグハグしてやりきれない。この南予圏域 の活性化ははっきり言って無いのだよ。
 全体で盛り上げることも出来ないようなセクト争い、抜きん出ると始まるツブシ。僕も以前ならそんなことはない、と対談者の年齢の頃は猛反発して、いざや ろうとすると、出来ない土壌にぶち当たる。人情豊かな南予の風など全くない。やることと実際が違いすぎる。行き当たりばったりのやり方などなど... 。いやし博の実際は本当のところどうだったのか判らない。大方の人の気分は「アレは何だったのだろう」とか、「ただ働きをさせられた」。「つまらないイ ヴェントであった」ではないだろうか。
 ちょっと行き詰まって家で一杯。その後、ゲルマンへ出向き、客寄せめいた格好になって帰宅。これで一か所は終了。明日はアソコだから。
 しかし、ちょっとした話の中で、看護師の言うことが妙に医師めいていたりするのを聞くと耐えられない。これほどになると、看護師の頭を疑いたくもなる。 あらためて異端医師の某のブログを一読願いたい。昔の赤髭先生がどういった存在であるか、今一度考え直す必要があるのではないか。
 また、看護師はいざとなったらトコトンやり続ける、という意味から、悪評高かった「パールハーバー」の唯一、軍病院でヘルプする看護師の主役が指で血管 を押さえるシーン。アソコをよく見ていてほしい。
 妻もアレに似た行為の上に、背中に血を浴びてでも止血する、こういったことをするのが看護師だ。僕がいつも言うし、妻もちょくちょく言うが「掃き溜めの 天使」の仕事が看護師だ。
 それに見合う報酬は医師より高くて当然なんだがね。外来勤務の看護師に何が解る。が、僕の言い分だ。

2012年12月28日(金)雨後くもり
 昨日の今日にはならず、朝から雨。夕方まで降り続いた。ホント、雨を塗っての作業だ。最強のMacBookを作ろうとしていたのだが、少々挫折。ま、直 近までは行ったから満足しておこう。
 全く主婦めいていて申し訳ないが、拙宅はここ十数年間注連縄はエビにしている。以前も記載したが、行き付けのおばさんの出店がない。新橋センターで、と 思ったがどうもカタチと大きさと価格が一致しない。お鏡は新橋にして、エビは商店街のオジサンの出店にした。大きさからすると安かった。エビの注連縄は左 上がりだから出雲大社に倣っているのだろうネ。
 お寺へ出向くのは明日しかないかな〜。とにかく天候が一定しないから、どうもいただけません。
 政局を見ると、そろそろ自民党の凶暴性が出始めているみたいだ。民主党のように少しの間の後、萎むのじゃないか。
 未来の党も分裂したし、な〜んか人気取り選挙のようだな。思うに「選挙戦」というのはオカシイのじゃないか、と思わないかい?
 英語でVoteってんだろ。ずばり選挙だ。衆議院議員選挙という選挙で、我が国の選挙は投票によるわけだな。これだけでイイのじゃないかな。わざわざ 「戦」を付けると、選挙ごとが「戦い」で運動員と一蓮托生で当選すると、その人は将軍様じゃないか。で、ブレーンが居ない。次の選挙はもう始まっている。 何かオカシイ。
 ま、このまま年を越して、来年1月半ば頃から内閣支持率などが判るのであろう、と思う。
 そういえば、今日は仕事納めだ。以前だと浮き浮き気分だったけど、今日も「辞めたい」を数回聞いた。流石に僕に対しては「いいときに辞めたな」という声 はない。今働いている方々は来年以降、どうなっていくのだろうか。はなはだ言いづらいのだが、退職後の予定など、本当にあるのだろうか。厳しい時代になっ た。自民党さん助けてください、は安倍君でも出来ないだろう。
 かといって、大金持ちは世界に居るわけで、そいつらが、株価を上げ下げしている。が、そういったのがドケチだったりして...

2012年12月27日(木)はれ
 今日は夜からの懇親会のため、昼間に色々とこなす。まずは、正月の準備物のため、商店街へ出るのだが、どうもウマクナイね。木曜日と言うこともあるけ ど、やはり明日の午前中にしようか、とも思う。
 未明までかかった各大臣の所信表明などで、少々寝られなかった。どうも出来そうにないことばかりで、少々笑ってしまった。特に質疑応答など聞くと相変わ らず「靴の底から足の裏をかく」的なものばかり。はっきり言って参議院選挙まえになると、内閣支持率がダウンするのじゃないだろうか。民主党がダメダメと 言い続けていた3年間の真意が問われるだろう、と僕は悲観視しているのだが。
 株価上昇と円安でも、ドルが上がるとは思えない。クラウンをモデルチェンジしたって自動車は売れない日本だしね。僕でも105円で購入出来ていた「ちく わ」が108円になった途端に買い控えして、98円の練り物に変更する始末だから。先に小麦粉が上がったから、パンの値段も上がる。やはり、6個入りの ロールパンだって178円が相場で、数か月前の168円には戻らないから、庶民には遠い世界なんだよ。
 思い切って、昼メシ前に歩く。お一人よく知った方が歩いていらっしゃる、午前と午後、それに夕刻に数キロメートルずつではないか、と思う。T病のリハビ リであろう、と思うのだが、僕からすると何かやりすぎのようにも感じるな〜。ま、人様のことだから何も言わない。
 夜は組合関係団体の交流会。いわば手作りの忘年会で、寄せ鍋とお寿司だけだが、結構イケル。宴会並みで高額取られるものの気分に残らない席が多いけど、 この手作り感がものすごくイイ。最近、この手の席が少なくなってしまったな〜。
 ま、賀茂鶴の原酒もあったし、結構な気分で帰ってきた。明日は多くの職場で仕事納めだろう。今日の交流会から、明日はどうなるのかな、とふと思い出して しまった。
 天気は再び悪化するようだ。まるで、今年の政界のようでもあるな。

2012年12月26日(水)はれ
 久しぶりの上天気。 これが長く続かないらしい。この天気を大事にしたいのだが、無理だ。今日はお正月のお飾りを何とかしようと思って出たのだが、いつものオバチャンがアー ケードにいない。28日まで待ってみることとした。昨年はうっかりしていて、大晦日まで延ばさざるを得なかったから、今年は何とか早めに、と思っている が、この不況では... 。
 セリアで物色していると、おもしろい物を見つけて購入した。その一つ、僕はコクヨのフィラーノートをペン書きの日記に使用している。パイロットの上下ク リップのノートが生産中止になって以降だから、1975年当時からだろうか。紙ベースの日記は1971年の1月1日から続いている。
 このフィラーノートはフォルダー用の穴が最初から開いていて、スパイラルの綴じ部分の近くにミシン目が入っていて、そこから切り離すことが出来る優れも のだ。以前ダイソーでメモ用紙的な穴あきノートがあったが、今回セリアで購入したものは全くフィラーノートと同じなんだから恐れ入った。しかも日本製。ど うやら極東からコクヨへ行った特許が切れたのかもしれない。少し違うのは、紙数が少ないことと裏表紙が厚いことだ。ことに、裏表紙の厚いのには、このノー トを使われればすぐに解る。切り取りが進むと、記載するのに台紙が無いとツライのだよね。特にボールペンでは。
 もう一つは、iPhoneのドック部分がホルダーになる3cmほどのタッチペンだ。装着するとカッコイイし、こちらがホームボタン、ということを示して いて、ナカナカよろしい。
 意気揚々、というところで途中N君に遭遇。毎日の日記更新でヒマなんだろう、と仰る。実はそのとおり。これはね、大学1年次の心理学の教授が、小学校の 担任Y先生と同じく、「日々のちょっとしたことをメモしておきなさい」といったことから始まった次第だ。要は、地方から出てきた人が大半だろうから、名古 屋の都会で過ごす大学生活の日々の違いがどういったものになるのか、後の世できっと参考になる、と。
 実は、これを今になってほぼ数分から数十分遅れのほぼリアルタイムで、このwebでの日記になっているわけだ。これから速くなったSSD仕様の MacBookの有利なところ、メモはiPhoneのデジタルメモとテメーの頭で記載、ということになり、まとめは紙ベースの日記、ということになるわけ だ。
 もう一つ、この日記は公開しているけど、過去の日記のように同じフォルダーに年別・月別で保存していれば、言葉での検索などで、呼び出すことが出来るな ど、結構おもしろいことも出来るわけだよね。たしかに、文字を書く行為からは遠のくが、昔の人でも文章なり手紙での文字は美しいとは言えない。揃っている ところで綺麗なんだ。書というカテゴリーとは少し違うのではないか、と思う。それだから、おもしろいのだよね。
 いよいよ自民党政府が誕生する。中国の報道官も変わった。あの嫌らしい顔を見る必要も無い。一般市民もTPPも農業だけは、と言ってる。あー、これは民 主党が近代兵器が全てに行き渡ってる、と判断しての政策をやったからだろう。TPPでは、「せめて米だけでも」と農家からのインタビューだったんだから。
 さ、特務艦、特車、特務飛行機を一杯造って第三国という差別用語の国に対処しようぜ。
 とはいえ、僕ですら、ましてや地元漁協が漁を見送る状態で「競技用カヌー」をこぎ出した馬鹿者達の救助劇。
 関係団体の言い分はいつもどおりの隠蔽工作がある。ましてや、救命胴衣さえ装着していない、となると、指導管理側は大きく罰せられるべきだ。古い話、真 白き富士の嶺緑の江ノ島... 」を実際にやったことになる。気象の変化などは管理者側の言い訳の屁の突っ張りにもならない。

2012年12月25日(火)くもり
 朝から困ったことが 起こった。イキナリだがMacBook Airを使おうとしたのだが、ご存知のようにこれが総アルミの筐体と言ってもイイぐらいだから「冷たい」のだ。特にパームレストは大変。冷房完備の拙宅で は余熱の無い金属物は冷たい。致し方ないか。で、急遽MacBookに変更した。こういった点が樹脂製マシンの良いところかもしれない。
 昨夜は相当に冷え込んだのかもしれないが、今日はクリスマス。キリスト様は罪な方で、こちら日本人の考える「宵宮」が24日に当たるのでは無い。要は夜 に御誕生されたから、実際はこちらで言う午前0時が境になる大晦日と元日の関係に近いように思う。
 そのため、僕の考え方であろうかと思うが、24日は静かにキリストの御誕生を喜び、25日は平穏に過ごし、夜に少しばかりのお祝い行事をするのがよいか と思う。別に信徒ではないが、こういう考え方は少しずつ消えてしまっているようでならない。これを踏まえた上で騒ぐのは結構だが、宗教行事ではあるもの の、小さな頃からもう少し本質を教えるべきではないかな、と思ったりもするのだが... 。と、僕も歳をとったのかもしれないな。
 昨日の轍を踏まないよう、クリオを早めに巻いて寒いけど歩くことにする。流石に準備段階から上手くいってか、シビレは起きなかった。歩行方法も若干変更 してみた。いわゆる、高野流の二軸走法を歩きに応用するものだ。僕は高校時代から長年一軸走法をやってきた。数年前に、歌舞伎役者が歩く姿などから、高野 さんのこの著書を手にしてザッと目を通してそのままにしていた。
 一軸とは、ヘソの鉛直線上に脚のヒザを引き上げ、その位置から爪先を進行方向へ降り出す走法である。この走法では走るには効率はいいが、日本人には結構 身体の負担が大きい。二軸走法は各々の脚をそのままヒザの鉛直線に合わせて引き上げ、そのまま爪先を進行方法へ出す、というものだ。
 この二軸歩行を思いついて歩いた帰りにY高校の女子生徒に「こんにちは」と声をかけられた。僕が「胡散臭いオヤジ」として、彼女の身を守るための声かけ か、自分がチャンキーなセーラー服なので注意されたくない予防からかもしれない。僕は彼女の面識は無いため、おそらく前者の理由からであろう。むなしい な。

2012年12月24日(月)雪後くもり
 今朝はチャンチャンチャンという音を聞いたような感じで目が覚めた。外を見れば雪だ。ブルッとは来ない。昔、母が「雪は降るまでがヒヤイんよ」と。
 例年どおり、この程度の寒さでは僕の部屋は未暖房だ。着物で調節すれば大丈夫。下半身はトランクスの上にジャージーのトレパンのみ。若干ハイライズ気味 のソックス。今日などは雨合羽の下を着用している。上は半袖の丸首シャツにワイシャツ。上着はフリースの日常スタイルにダウンジャケットを着ている。これ で十分。言っとくけど、痩せ我慢ではないからね。お相撲さん見てご覧なさい。慣れると出来るんだ。
 昨日の日記の高校駅伝に対して、今日の新聞を見ると倉田監督が僕と同じようなことを言ってらっした。思い切って、出向き先は同じ県立高の長野東高校など へ出向かれたらいかがだろう。まずは練習量に驚かされるだろうな。
 今日の女子のサッカー、おもしろかった。何だろう、これと同じようなゲームをなでしこジャパンでもやれたら... 。「出来ない」理由はおそらく本番の世界大会レベルは「夏」のゲームだからだ。そして、日本は島国故、年がら年中他国の選手と渡り合えない。おかしいよう だろうが、よく考えてみると小さな鎖国状態は未だに続いているのであろう、と思う。次のオリンピックのリオ・デ・ジャネイロは本当に真夏にやることになる からね。サンパウロ在住であった画家のGINOさんに聞いてみよう。
 久しぶりにiPadを動かす。バッテリーがスッカラカンだから、最低の2%充電までに30分ほどかかる。その後は順調。iPhoneとは若干違う用途が あるはずだ。Verizon版のiPad mini 3GSを持っておくのが得策だろうかな。でも、simカットなどが必要だから、今のところは購入などは考えていない。ま、僕にとって持参するのなら、やは りAirの方が使いやすい。
 この寒さではあったが、労金まで歩いて出かける。クリオは着けてるが、ダメ。シビレて来だす。歩幅を小さくピッチ歩行にするも、下肢に力が入らない。家 に着く前にジト〜っと汗がにじむ。ここでようやく動き出すのだ。こういった寒い日は、クリオを着けて1時間程度経った後で歩いた方がいいのかもしれない。 何かiPadと同じだな〜。
 今日はクリスマスイブ。ヴィンテージコンピューター社の荷物は残念ながらロサンゼルス空港の保管倉庫に泊まっている。現地時間の26日以降まではアメリ カ本国だ。クリスマス休暇だから、日本のお盆と同じか。そういえば、クリスマス休暇の後は日本は年末年始の休暇になる。何か世界的に見るとおもしろいもの だ。

2012年12月23日(日)くもり
 今日は、という書き 出しが多くなったな〜。仕事を辞してからはこの家が生活の拠点だから「明けない朝はない」によるものだ。ま、よろしかろう。その今日は全国高校駅伝から始 まる。御祓ではないが、妙なもので、いつもの時間に起床。身支度を調えいつものパンによる朝食を済ましてテレビウォッチングだ。そういえば、駅伝競走の発 祥は東京〜京都間であったそうな。つまり東京遷都による天皇の行幸の路程だ。
 女子のレースは久しぶりの立命館宇治高校が優勝した。八幡浜高校は1区のレース中盤、集団に飲み込まれた瞬間にダメだ、と僕は思ったが、そのとおりに なった。理由は簡単だ。この辺(愛媛や南予)のレースで集団になって、そこから抜け出る、ということは経験していない。そんなことはない、というのなら サッカーの試合を 見ればお解りだろう。プレーヤー間は格闘をやってる。駅伝でも他校の選手との駆け引きは、ド田舎ではまれだ。競合するチームが少ない。かといって、夏期に でも県外の他校と合同練習などやるような環境じゃな い。
 それなら、今時こんなのは流行らないかもしれないが、レース前「サー行くぞ」と大声出してハッタリぐらいカマスような選手でないとだめだろう。
 これは出来ないにしろ、代表決定後、天候を選んで3回程度都大路の歩道を走ってみるべきだ。僕は、おそらくやれていないと思うし、まず、後援会組織、保 護者会 の組織などが出来ていないだろうと思う。団体としてはこれぐらいのサポートが当然であって、個々の資質は毎日が陸上競技的な日常が必要であろうと思うし、 この駅伝は4kmから6km程度を過不足なく走れるスタミナと可変スピードを兼ね備えた選手づくりをやればいい。
 特に女子は高校生時代に、女性、というより「女」として成長が確定される。この成長過程を「女性選手」として育てられるかどうか。これらが後の選手個人 の生き方につながるのではないかな。当然、八幡浜高校でも指導陣はMTぐらいは把握しているはずだけど、運動整理も勉強していないような... 、は止めよう。「紅お銀」のようになるには夢のまた夢だ。マスタース水泳の吉永小百合さんぐらいはイケル。
  男子は、八幡浜は女子と裏腹に転倒を恐れてかトップで競技場を出たが、それだけであった。1位の豊川高校も留学生が出ていなければどうか解らない。認めら れている出場だから文句は言えないし、今の大半の日本人は高校生でも「(コイツには)勝てない」が先に出てしまうのだろう。
 こういったことを考えていると、詰まるところ最大の原因は何かな?。新語かもしれないが「学校力」であろう。この学校力が無いのだよ。八幡浜高校全体 で応援する。ことあるごとに「八幡浜高校をよろしく」とネームバリューの拡大するなど、ちょうど、宇和島東校が選抜高校野球に出場したときのような気分に なって、後援会が一生懸命になって寄付集めに奔走したような、学校を上げて男女ペアのチームの一助になるよう... 、とならないのであろうと思う。
 確かに汚いやり方かもしれないが、こういった素地が希薄なんだったら、やらねばならないのだ。こういった学校力が無いのであろうと思うのだ。
 ま、留学生のモロモロはあるけど、現行で十分満足だ。アフリカ勢と同じような走り方する大阪薫英高校女子の松田選手みたいなのが日本にもいる。話は大き くなるが、要は日本 国全体で将来どうなりそうな、と思うアスリートのたまごを何とか確保し、その子を成人に至るまで伸ばすことが必要なんだ。僕の大学時代に学んだドイツの 「ゴールデンプラン」をこの日本で今やるべきだろうな、と思った。
 そして、サッカー(フットサル)のカズ選手のような方々をもっと増やさなければ、この国のスポーツのピラミッドは出来ない。否、出来ない世界を作るよう にすべきだ、ともの申す長老群、学校教育者群があまりにも多すぎる。頭が悪けりゃイイ選手などにはなれない。
 せめて、陸上競技の日本選手権の審判謝礼ぐらい「1日1万円」ぐらい出せる考え方でないと、いつまで経ってもイイ選手は出ないし、銘審判も出ないであろ う、と僕は想像する。

2012年12月22日(土)くもり後雨
 流石に疲れたのだろうか、9寺過ぎまで寝ていた。妻の出勤に気付かなかったのでよほどのことであったろう。原因は昨日の歩きすぎとiPoneの調整だ。 特にiPhoneはiPadと違って、電話機能が入り込むため、妙な気を遣う。
 ということもあって、iPhoneの様々なテストを行っているのだが、とにかくテスト項目の絞り込みが出来ない。当たり前かもしれないが、間違いは無 い。その中で一番簡単なのがミュージック。現在僕の全ての機器のiTunesは11.0.1になっている。これについては、必ずPCとの同期を取って、テ ストをする。意外かもしれないが、妙に音質などの点でiPodの各モデルと音質の差がある。
 僕が差を付けるわけではないのだが、テスト結果からすると、iPod自体はClassicが一番だ。非常にアナログっぽくてウォームな音質で迫る。継い で初代のnano、そしてshuffleとなる。第1番は何とiPadだ。これには少々驚く。オーディオ関係からすると、集積回路であっても基板に余裕が あるし、筐体が大きいことから来るものだろう、と思う。で、iPhoneは、というとshuffleに近い。が、操作関係は独自のものがあるけど、結構敏 感だ。
 さて、昨日届いたアメリカ盤のThe BeatlesのLP BOXセットだけど、これもか、という昔の僕のようにレコードをかけまくるようなことはしない。もう、アホくさくなってしまったから、というのが本当のと ころ。もう一つは、80%ほどの確立で、僕の予想が的中しそうだからだ。
 端的に言うと、この間のCDでリリースされたデジタルリマスターLP。このオファーされたデジタルデータが、同一とすると、CDプレスの段階で音が変わ る。この点、モノラル盤は東芝だから、世界中変化はない。
 今回のLPはCD用のリマスター盤をアナログディスク(LP用)にリマスターしたものを、イギリスEMIのノイマンのカッティングマシーンで音溝を作っ たマスターディスク、ここからビニル盤にプレスされたのが、今回のオリジナル盤である。
 ところが、ここからがおもしろい推測になるのだな。つまり、EMIと東芝はプレス機を持っていないため、EU盤=イギリス盤としてドイツでプレスされ た。
 が、キャピトル盤はどうなのか。ここが問題なんだ。これ以上はホームページでだから、日記はここまで。どれも本物だが、どの音質が好ましいのか、は非常 に難しいのだ。
 新しい原発を造ることもあり得る、と安倍君が言ったそうだ。だーれも即座に批判しない。社民党などこの際だから、福島氏は語る、として記者会見やればい い。これすら無い。勝てば官軍、負ければ賊軍だが、この「賊」を日本民族に変更できないだろうか。福島の原発現場で、大衆を集めて、新たに原発造るぞ、っ て言ってご覧なさい。そこからだ。おごれる平氏は久しからず、に今からなりそうだ。

2012年12月21日(金)くもり後雨
 昨日の大満足感を削 ぐものが午前中にあった。それはMovaから使用している(8年間もだ)My DocomoのID他のものが全く通用しない。NTTからの通知もない。再び業を煮やして、10時過ぎにドコモ宇和島へ出向く。理由は簡単。Fomaにし たとき、メールや何やの設定変更やるより、一気にサービスショップで変換した方が簡単で早いからだ。僕の恐れとして、元のIDとか何やら言われると、暗記 していないから困るしね、おまけに携帯にメールのアドレスでは困るのだ。それゆえのことである。
 到着すると、オー!、何だこの人数は。応対カウンター満杯だ。スゴイ。流石に年末だな〜。僕も待つこと10分ほど。応対の女性、結構強そう。文句言って も無視されそう。SH-705iIIを見せて「アップルの新製品ですよ」と言っても動じなかった。ただ、ブラウザの限定とWindowsオンリーでは困る ので上に言っといて、と申し入れ。これには、受付の彼女も同意してくれてた。
 その足でiModeネットへ加入。これで、携帯のメールも確認できるし、Macから携帯へ送信可能になる。1か月間無料で使用できる。ま、月290円だ けどIDなりパスワードがその都度必要になる。ま、メールはあまりしないから大丈夫だろう。
 一応、新しい携帯の機種を見るのだが、歩みが止まった。何と4諭吉ほど必要なんだ。まぁ恐れ入った。僕のFomaが25,000円程度だったから凄まじ い価格アップだ。電話料は下がったが、機種の買い換えは高価になった、という訳か。スマホの方が得に感じる。簡単スマホなどイカシテルよな。
 と、雨の中だけど、今日は4km程度歩いた。もちろんクリオのベルトは装着しているも、途中脚がシビレ始める。しかし、シビレは以前のものとは違い感覚 がある程度あるものだ。しばらく座れば収まる。このしびれの原因を極めたいのだが、今のところはシューズであろうと思っている。
 歩きの最終、今日はゲルマン。ヨコの刺身をいただく。これが凄まじい。脂のノリがよろしい。大トロ嫌いの僕だが、マグロのそれとは違って、このヨコの脂 のノリはgoodであった。お酒は少々控えめにしている。
 帰ってみるとライムハウスからとてつもない荷物が... 。The Beatlesの16枚のLP BOXだが、1枚800gの重量盤のためと、豪華装丁本が付属しているので、この重さになってしまう。致し方ない。
 と、結構大変な1日であったが、良い1日であった。

2012年12月20日(木)くもり後時々はれ
 あーあ、と思っていると、本日は要求もしないのにiPhone3gsの電話機能のフルテストを行うことが出来た。はっきり言って、これって白眉。
 まずは、吉田からの電話。摩訶不思議なデフォルトの着信音が鳴るはずだが、これがマナーモードにスイッチが入っていて、うっかりしていた。つまり、前の 携帯Fomaの音かと思ってしまったのだ。さー、大変。iPhoneで電話に出るのは初めてのことだからね。
 受信はロック解除と同じく画面下のスライドバーでOK。何のことは無い。音質良好。マジ、据え置き電話よりもイイくらい。話が終わって受話器を置くのは 画面の終了ボタンを押せばいい。後はホームポジションかスリープボタン。
 エッ!、スリープモードで受信できるんだ。当たり前だが、実際にかかってきて確認が出来た次第だ。嬉しかったね。珍しく今日はこれが2回もあった。これ は、携帯電話よりもイイくらいだし、iOS 6も気にするより以上にサクサクいく。
 が、NTT Docomoの最大の欠点は、携帯は携帯で片付けてしまおうという悪しき点に加えてWindows一辺倒、というところだ。したがって、携帯でメールなど あまりやらないし、通話が大半の僕のようなユーザーは使用料などの確認はMacでやりとりしたいのだが、これがあくまで携帯が主体となっているため上手く いかない のだ。
 はっきり言って、これはNTTの独善でもあってユーザー主体のやり方ではないな、と思うのだが、docomoの愛用者はどうお思いだろうか。
 たとえば、当初メールアドレスは電話番号でよかった。ところが、Fomaになって以来、これがトンデモナイ長さのアドレスになってしまっているし、パス ワードも変更になっている。この通知が携帯に来たのかどうなのかは定かでない。
 で、マイドコモに接続してパスワードの変更などをしようとすると、メールでお知らせする、といったところで携帯にしか届かないようになっている。契約の 仕方など、あの小さい画面でどうのこうのやられても年寄りには困るのだよ。こういった点がいつもヤラレル。加えて推奨ブラウザがエクスプローラーオンリー だ しね。
 そういえば、ヤマハ発動機もそうだ。オマエサン方はマイクロソフトから幾何かいただいているのか?これぐらいなかなか良いブラウザソフトが出回っている し、メーカーのサービスからすると、この面のオールマイティーなhtmlの技術者ぐらい置いておけ、と僕は言いたいね。
 というところで、iTunesで再度ミュージックのファイルを手動で管理にして、iPhoneの曲目を減らし、アプリなどのためにキャパシティーを増や した。ミュー ジック全体はiPod Classicで管理することにしている。iPhoneはiPod Shuffle並にして機動力を高める。そのままでシャッフル状態で再生できる。この辺が、iPadとiPhoneの役割の違いであろう。音楽関係でのイ ジクリはiPadぐらいの大きさでないとチト困る。この辺が理解でき始めた。
 今日は頭を使ったが、楽しい実験と嬉しい結果に大満足であった。メデタシ!!

2012年12月19日(水)雨後くもり
 1日中頭脳労働を やってしまった。というのも、昨日からテストがてらiPhone 3GSのテストをしているのだが、Mac OS 10.8の連絡帳へdocomo携帯からのVCFファイルを受け付けないのだ。ご存知のように、最近のApple製品は紙ベースのマニュアルが極端に少な い。少ないより無いに等しい。大半はWeb上でご覧ください、という意向のようだ。で、オッチャンやジイチャンのような僕にはMacのことは解るけど、携 帯から移行などはなかなか解らない。特にNTT Docomoは最悪だ。バカ加減知らずのようにWindows一辺倒だからね。
 auはそのままソフトウェアで携帯の電話帳が移行できる。ハハーン、AppleがDocomoにライセンスを出さなかったわけが解った。
 で、僕はどうしたか?。まずは、Airのアドレスブックに携帯のmicro SDカードのバックアップvcfファイルを読み込ませて、そのコピーをMacBookにペースとしたものでOS 10.8の連絡帳に読み込ませてOKとなった。で、iCloudで共有出来るようになったわけだ。
 これでお解りのとおり、携帯が古いと、OS 10.6まででないと上手く行かない=docomoのWindowsの対応もファームウェアで対応できない仕組みなんだろうね。だから売れないのかもしれ ない。何がって?。もう解るでしょ、自社の製品にしか信じないような会社の製品です。
 そういえば、光通信の時もやられたな。アップデートなど教えてくれないのだから。
 で、スッタモンダやった末に使えるようになった。T君へテスト電話。結構クリアー。これまでのFoma機よりははるかに良好。つぎはどうするか?
 まずはケースだな。こればかりはiPad同様にウマイものがない。いつもながら大きめのキカイのハンディキャップということだ。ケース如何によってはキ カイが異様に大きく見えるのだもの。

2012年12月18日(火)くもり一時雨
 年金支給日の後なので、本日は固定資産税を納めに役所へ出向く。元の職場へ行くのだが、思わぬ頼まれものをお願いされる。臨時職員の女性とともにNI へ。妙な感じになってしまう。何で僕が... という感じと、それぐらい課で探してよ、となるのだけど... 。
 この件で、今回は知っていた職位であったからよかったものの、実際は職員で無い僕がとやかく言うなどすると、庁舎管理規則にひっかかって、良からぬこと になりかねない。そういったことを、かつての旧町の管理職から嫌な目で見られたことがあってね。その時は同じ職員じゃないか、モンクアッか〜、とやって やったけど、今はそうはいかない。
 久しぶりに8階から順に職場を回ってきたけど、何か陰に籠もっているような感じがしてならなかった。以前は職員が所用で出払っていても何か元気さのよう なものが感じられたけど、それは消えてしまっているように感じる。それゆえ、税金を納めるために役所へ行くけど、僕はすぐに辞することにしている。本当に 僕自身が苦しい気分になってしまうからだ。
 そういえば、就職中は「役所へは行きたくない」、という市民を多く見たが、退職してみると、その気分がよく解るな〜。
 さて、The BeatlesのLove Me Doのシングル盤だが、セッションドラマーのアンディーホワイトがドラムを叩いているバージョンが最初にリリースされてリンゴスターのものと差し替えられ 回収になった。もしかして、とK君に聞くと、知らんと来る。SK君が上手くこのレア盤を持っていた。近所にレア盤があるというのは所有欲があまりない僕と してはなかなかのもので、よかった、と胸をなで下ろした次第。
 夕方、大慌ての末に発注していた例の物が届いた。はっきり言って、形状からこの方が好ましい、という僕流のコジツケで選んだようなものだ。バッテリー交 換時に新品に交換のものだそうで、そのとおり綺麗。この分は遠い将来においても変わらないだろうから、これでトドメになるのかもしれない。明日でこの手の 物の大半は終了だ。

2012年12月17日(月)雨後くもり
 妙に選挙の候補者全てを恨んでしまった。好きで、とは言えないかもしれないが、自分でこの国を何とかしよう、として出るわけだから政が好きでないとなら ないはずだが、どうもプロレスの11時間1本勝負で勝利したような感じがしてならない。
 このことを踏まえて、今日10時までの長い長い選挙番組は終わったものの、新内閣の組閣予想などをやるべきではなかったか、も考えられるな。安倍総裁以 外は当選証書の発行以降か。悠長なこった。何も変わりゃしないのじゃなかろうか。
 ブログの方で出した愛媛駅伝の件だけど、今日の新聞、総合1位の愛媛銀行のフィニッシュの写真はなかった。ハハーン、彼らは正面から撮りすぎて、逆光に なったか、長い玉で近すぎたか、被写体が下向いてたから絵にならなかったのか... 。
 いずれにしても、総合1位のゴールシーンが無くって、高校1位のゴールの写真は掲載。カメラマンは別立てにしなくちゃね、愛媛新聞さんヨ。
 僕の方は、ここへ来て一気に近代化の波がやってきはじめた。カメラはこれで落ち着いた。古PCは結構お遊びだ。2〜3台分遊べる。とはいえ、過去を知っ てないとダメだろうけど、日進月歩が普通の世の中だから温故知新も無いものね。
 そうそう、ライムハウスから連絡があって、ようやくThe BeatlesのLPボックスセットをゲットできた。Amazonでも取り扱っているけど、EU盤だ。当時のレコードらしいレコードは、やはりキャピトル 盤だろうね。イギリスのEMIでもヴァイニルレコードは作れないらしい。実はアメリカの方が物持ちだし、考え方に普遍性があるようだ。もちろん、国民全て では無いだろうけど。
 ラップミュージックなどでのDJがディスクをクリクリやるのは、プレーヤーの多くはテクニクスのSL1200 MK-VIぐらいだろうけど、レコード針の付いている部分はシュアーのM44という強いMM型のカートリッジだ。シュアーというとマイクロフォンで有名な あのシュアーだぜ。細々かもしれないが、大メーカーが古いM44のレコード針を未だに出しているなど、こういったところが、アメリカの国民性というか考え 方は、日本のものに対する考え方と大きく異なるのだろうな、と思う。
 買い物ついでに、明日から受取時間が目白押し。結構イイものを受け取れるのは嬉しい。散々苦労しつつのものもあるけど、ま、これはこれとしてイイ方へ考 えを向けよう。旧式でも別段困ることは無いからね。
 ところで、僕の携帯電話はそろそろ限界気味だ。ほとんど使わないのだけど、バッテリーが少々ヘタリ気味だ。それでもNi-HMバッテリーの時のように、 無くなる寸前で充電してやると結構持ちがいいようだ。妻は仕事柄緊急の呼び出しに備えて常にフル充電でドックへ入れているけど、皆さんはどうやっているの だろう。通話だけで消耗するほど話をする人は充電機持参、というのを見かけるけどね。

2012年12月16日(日)くもり後はれ
 落ち着かない日曜日 だ。それは選挙だろうな。これほどバカな選挙をやるのだから、それ相応の結果を期待するだろうね。でも、その1/3をOKとするのならいいが、期待の大き さにトンデモナイ結果が出るのがいつものように選挙の結果だ。衆議院選挙のみならず、東京都知事選も同様であろうと思う。民主党の議員が、色々何なりと やっていて、選出地元の声を受け止めてどうこうできれば... 。
 もう、過去のことだ。それをやっていない。確実だな。小沢は当選したろ。これは起訴されてもやったし、第3極政党でも後ろへ、になってもぶれずに後方支 援しますよ、をやったじゃないか。民主はそれがなかっただけだ。結局は日本全体の大極を政党に、その手足を... 、もう止めよう。結果は結果だ。
 太田何某かの当選のインタビューに対しての応えに、「お前ぶん殴ってやろうか」と思った。こいつらは都合の良い方へ付くというコバンザメ的な政党だ。そ の党首をオマエサンやってたんだろう。それが、髪の毛染めて... 、頭ったまに来る。
 とはいえ、オバケ(比例)で当選するものも居る。まさに勝てば官軍、負ければ賊軍、なのである。野田君を下ろす、というけど、儀礼上だけだ。どれだけ野 田君に頼っていたのか、こんなコトの反省は一切出ない。お前ら党員はバカか、になるのだけど、あくまで野田君に責めが行く。おかしな世界だ。
 ま、開票間近の世界での僕の言い分だ。変わっていればあしからず。
 僕はね、言い方は悪いけど「みんなの党」が好きだね。党首も頑固だけど、この党の言い方、というか「言い分」はイイと思う。
 さて、愛媛駅伝はそこそこ。もう、このレースは止めればいい。これ以上、狭い道路を襲いランナーを走らせることはない。長年この競技に携わった僕は、警 察なり県の関係者の声を遮断するかのような発言もしたけど、これほど「レースではなく競争、しかもジョギング大会」なら、一気に辞めた方がいい。北条〜松 山へのレースをメインにすべきであろう。
 久しぶりにド田舎の津島町御内へ友人のT君と訪問。要はコンソールのステレオの音を出していただきたい、とのことであった。僕、これなら新しいのを、と 口にしたよ。
 でも、オーナーは、この巣テレオコンソール(三点セット)の音が忘れられないんだ。それゆえ、パーツの供給が可能ならばゼヒ残してほしい、という、不思 議なものがあるのだ。ナールホド、不思議な世界かもしれないが、アナログレコードの音と、ボーンボーンのパターンのステレセットでもやはりね、と、僕が忘 れかけていた「音」で奏でる「レコード音楽」は、オーナーの消すことの出来ない音なんだ、ということをハッキリ受け止めさせていただいた。
 えらく観念めいたことになるが、コンソールのステレオの音は、はっきり言って僕は嫌いです。が、高齢者になると、僕が言う「音」には嫌悪感が走るのだ。 これの真実がどうなのか、が今のオーディオではないだろうか。

2012年12月15日(土)くもり後雨
 昨日はとうとうダウン。継続は力なりだが、怠けると次が出来ない。理由はあるにはあるが、多くは年齢とともに遅れてくる疲れであろう。そ の日のうちに何やかやの整理をして、はできない。かといって、一つのことを継続して終了することもできない。これらのことから予定立てて1日のこなしで一 段落させての継続を目指すのだが、これもなかなか難しいのである。1日の疲れが2〜3日後にやってくる。信じられないかもしれないがネ。
 それゆえ、以前も書いたが、土日を休みにしているのだが、いわゆる残業になってしまいかねないことが起こったりすると、数日前の疲れとともにガックリし て、やることの作業がはかどらない。こうなるのが一気に来る。それが昨日だったのかもしれない。
 としながら、昨日届いたCFカードーIDE変換カードの使い方を考えていたり、ほうれん草の天ぷらとの合わせ炒めの味付けで悩んだり、新米の炊き方の水 加減の数ミリリットルの加減で悩んだり、と昼メシ以降のことも考えている始末だ。
 夜はチョイと「船中八策」をいただく。訳知りはお酒ということはお解りだろう。司牡丹が造っている純米酒である。一気ではないが720mlをほとんど やってしまった。ま、気にすることはあるまい。高知の酒はそれほどススッといってしまう。
 船中八策とはいうが、明日はどうなんだろう。ま、僕は多くは期待しない。「選挙」と選挙戦は違うのに、これを同一視してしまっている。どこの誰がどの候 補者、どの政党に入れるかは自由だ。それ故の選挙であって、票獲得の確定の戦術ではないはずなんだけど、今は日常化しているのが現実だ。出口調査などもっ ともたるところで、当落が10数分後に発生することもしかりだ。これなら選挙などしなくてもイイ。こういったところを何とかしてほしいな〜。
 で、いよいよスマホが... 、になるかもしれない。どうなりますかね。今日は討ち入りの日だ。それにしては天気が悪い。トイレの床がジットリしている。原因は何と水洗のタンクが汗か いて、それが水滴となって=しずくで落ちていたからであった。自然の力はスゴイ。昨日同様に戸外の方が温い現実は少々解せない。

2012年12月13日(木)快晴
 午前5時50分頃、 ケイタイがリンリン鳴る。30回ほど鳴った後止まった。緊急の電話ではない。と6時過ぎにベルが鳴る。エーイ、無言で対すると聞き覚えのある声に似ている 声で「Sチャンですか〜?」と。違います、と応えると「どなたですか?」だ。失礼な奴、と想いながらもBoneですが、というと、「失礼しました」と、よ うやく電話した方の否を認めたか、と思ったのもつかの間、6時半過ぎに再びリンリンリンときたので、すぐさま切ってやった。確認すると前2回の人からだっ た。
 この手の間違い電話では通常の据え置き電話で2回あった。これは市外局番間違い。市役所の24-1111は市外局番の0895を0985にすると、宮崎 市役所へ通じる。教育委員会時代、この電話がかかってきて、妙な話し方だと思いつつ、スポーツ傷害保険の質問に受け答えをして了解してもらったことがあ る。交換が「市役所です」と言ったために起こったことだ。
 ケイタイへは、今の僕の番号を使用していた前のオーナーと思ってかけてきた男性からであった。男が出るとはビックリであったろう。
 今回のようなのは、当に初めてだ。こういったところから、そろそろ変更してもいいのかな〜、とも思う。ま、天気とは裏腹に嫌な夜明けであった。
 夜明けを迎えたはいいが、尻割れ山の右の尻兜の頂上から陽が出る。最高に遅い日の出になってしまうわけだ。北の稜線から出ていた夏からどれぐらいだろ う。冬至までは、まだまだ遅い日の出が続きそう。
 こともあろうに、本日は放射冷却で相当に冷え込んだし、日中もヒマラヤではないか、と思うほど雲が全くない碧空。妙に気持ち悪い感じになってしまった。
 本日、橋下氏が再来宇。ヨリにもよって木曜日に牛鬼ストリートだから、どうだろうか。警察が許さなかった?、何かわけ解らんな〜。今日は桜内候補も喋っ ていたようだ。聴衆、というよりは観客は、としか思えない。テレビで橋下氏が言っていることを「きさいや広場」で聞き及んだ。石原代表と同行するときはこ のことは一切言わない。妙な話だ。政党として一体性はあるのだろうかね。残り2日間。3日目の深夜には体制が判明するだろう。
 昨日は12・12・12のそろい日だ。僕には結構いいことがあったけど、みんなはどうだろうか。

2012年12月12日(水)雨後くもり時々はれ
 朝はシトシトの雨、 ふとコンテンポラリーのホーボーソング「朝の雨」を想い出した。こういった日は妙に焦臭い。9時49分に北朝鮮のミサイル発射というニュースが10時前に 流れた。その後、10分ぐらいして沖縄上空を通過のニュースが流れた。Jアラートが上手く行ったことから、彼の地からのミサイルより逃げるためには5分ほ どの猶予しかないということだな。となると、迎撃ミサイル発射は十分間に合うってことか。
 と臨時ニュースから元に戻し、この朝の雨を最初に聞いたのはチャッドとジェレミーの唄であった。シーカーズで聞いた「最後の想い」同様に、モノホンは誰 が歌っているのか、乏しい資料を漁って追い求めたが、ディスクナンバーなど不明だから、SSWのゴードンライトフットとトムパクストンを知り、自身の声を 知ったのは1990年代になってからであった。
 ジョーンバエズとは違うジュディコリンズ、オデッタ、ブラザースフォーよりはキングストントリオなど、確かにひねていたかもしれないが、僕の気分の根本 は、最初に知ったピートシーガーの影響から、アメリカ合衆国の民謡的な曲としてのフォークミュージックとして受け止めたことに寄るのだろうな、と思う。
 ぶり返すようで申し訳ないが、朝の雨で飛び立つ飛行機はボーイングの707だ。日航はダグラスDC-7であった。つい最近この歌を歌うときHellow runway number9 big 707 sets go... 、を747にしていたが、どうも歌いづらかった。この機も間もなく退役が近いかもしれない。
 ゴードンライトフットのこの歌を聴くと国の広さ、個人のちっぽけさ、貧乏さなどなど、日本での放浪者とは妙に違うことに気付かれると思う。それは、カナ ダからアメリカ合衆国へ帰るにも帰れない状況を表す。3時間ほどの距離でも帰れないのだからね。
 ゴードンライトフットで聞かれるとイイと思うけど... 。
 iPhoneをちょっと探している。帯に短し襷に長しでこれといったものもない。元の職場で使っている者がいたが、通常の電話は携帯電話本体になってし まっていたようだ。
 僕のように携帯で電話もあまりしないような者には携帯電話が全てでもない。音楽はiPodだし、今のところやってやろうじゃない、と意気込んでやった iPadも不必要になってしまった。Airの11インチは結構使用するも、メインはどうしてもMacBookのみ、と無線(LAN)関係はこのようになっ てしまう。で、携帯電話になってしまう。全てを網羅、っていうのは結構少ないのだね。とはいえ、携帯買い換えもイマイしな。昔の黒電話のような携帯電話は ないものだろうか。

2012年12月11日(火)くもり時々雨
 僕にとっては久しぶりの「世界最速のインディアン」の夜明けであった。咳で思いっきり腹筋をヤラレて一段落した後の昨日は松山。暖房の室内と外気とのバ ランスが悪く往生した。とうとう水を1リッターも飲んでしまった。
 で、メシはなかったが、気分良く起きた今朝、そいつはサンクスに頼る。新聞紙上で正木氏の写真集の記事を見た。記事を読むウチに、写真集を見たものに伝 える何かが違うのではないか、と思ってしまった。
 実は、僕はすでにこの写真集をあるところで見ている。その場に居合わせた仲間から出た言葉は「ここ何処や?」であった。できる限り僕も応えたが、それに 始終した。
 神田川原の旧スーパーマルミの写真には現在の現地を見ると愕然とする。そこに写真のそれがない、というのではない。既に違う風景になっているのだ。写真 集作家の目的が違うのであろうから何とも言えないが、写真に写真撮影の一部を出していると... 。被写体が物語るものが実際に無いのはつらいし、他所の方が写真集の実際を探索し、地方都市で正木氏の心の宇和島を想像なりするのは難しい。
 近年帰省して在住しているY君が写真集を見つつ、「この写真集の写真イイと思う?」、との言葉であった。作者の方針だから何とも言えないな〜、とは僕の 弁だ。
 長期間宇和島を離れ、帰省した折に撮影。それを外国の出版社から写真集としてリリースだから、一般の在住の者には、写真集を見てこのように感じるのかも しれない。
 巻末の作者の撮影した時間と撮影時の状況から田舎の状況を云々の言葉と、著名なM氏による推薦文的な言葉にある正木氏の心の中に止めた故郷の状況のこと ば、この二つの気持ちは、写真を見る限り伝わらないように感じる。このことに近づけるよう僕自身が乗り出すのなら、写真集をバラして写真を並べ替えする と... 、となるやもしれんが、個人の内面にある故郷をズタズタにしてしまい、この写真集は存在しないものになりそう。難しいものだ。
 一昨日はラッセン、昨日はGINOさんの絵を見た後にこの写真集の記事だから、一層こういった言い回しになったのであろうかな。
 さ、なかなか思い通りに進まないまま、今年も年末を迎えた。この期に及んで、いちにち一日が短く感じだした。残り数件で今の予定は終了である。思わぬこ と で出費も多くなったし、そのことで持ち越しになったものもある。退職後の状況安定化には1年以上かかりそうだ。そういえば... 、いや、まだ20日ほど今年が残っているので、この辺にしておこう。
 夜、NHK総合テレビ、歌謡コンサートでの渥美二郎さん。夢追い酒、僕がこれを歌うと不思議に飲み屋さんで90点以上出る。ま、これはこれで置いとい て、今日の彼の風貌から、地元の宇神幸男氏の高校卒業アルバムを想い出した。やはり自らの確信が多く持っている場合は、妙に他と違いが多いのだな、と思う ほどに なった。理由は前のことと同様、そうでないと... 。
 カラオケの場合は自信過剰ではないのだ。妙に歌い方などがいつもと違うのに気付く。小林旭の「昔の名前で出ています」をやると、酔客の多くはビックリす るかもしれないが、それはそれでオシマイ。
 が、この番組で出場した次の歌手の5人組のヴェルヴェッツは、僕の場合と同じ。ただそれだけだ。
 世界の同様のコーラスグループIL DIVOもマイクさえ持ってはいるが、昨今のコーラスグループとはまるで違う世界。
 理由は簡単。職を失ってしまうほどの苦労を伴っていないからだ。
 売り出される者がこれまでの苦労の一つでもあれば、この場面には出ない。それ以前にデビュー直前のグループは言われるままだから、こうなってしまうのだ ろう。誰に目にも明らかだ。ましてや、人気の衰退が激しい今の日本だしね。
 どうだろう、今こそ、昔のように一つの「コンサート会場を超満員にした」のような新人歌手が出ない限りは無理だろう。
 話は変わって国際柔道連盟の新しいルールに感服、恐れ入谷の鬼子母神である。
 妙に、今の政治のようでならない。橋下君が、この街で住んで市役所の職員で、となると、彼の言い分もずいぶんと変わる。13日に来たとき、クダラン話を するのなら、お前は小沢の小間使いか、と言われるのは必至になる。それほど政治やの圧力は大きいのだ。アンタは大阪市長、石原は元東京都知事だ。僕って本 当にバカだな。
 何で岩村がヤクルトなんだ?。もう止めた方がいい。否、辞めた方がいい、と思ってしまう。思うに、おそらく来シーズンもダメであろう。野球教室なんぞ止 めて、自らを自主トレへ向けないようではダメの上塗りになる。何糞魂の糞はアンタのフンになってしまいそうだ。

2012年12月10日(月)くもり時々雨
 意を決して予定通りに松山へ。宇和島の朝は雪がちらついていた。松山は上天気。いつもと違ってルート上から大街道で下車。クリオ着用してたので、ラクチ ン。
 車中はいろいろなことを考えていたが、とりたてて確たるものはない。S運転手の声と言い回しがどことなく田舎めいていて、最初は気に障る気分だったのだ が、しばらく聞くウチ、アー、この田舎っぽいとこはいいぞ。おかしくはないのだけど、独特の言い回しはシートベルトのこと、停留所のことなど結構注意喚起 になる。
 そこから、東京オリンピック当時の陸上競技アナウンスの独特の言い回しを想い出してしまった。
 これらを含めて、後で話が一致するのだが、大きな文字でページの字数を整えれば、数百ページの製本版など簡単にできそう。そろそろ自分史を創っておこう か、と考えたりしていた。
 大街道、銀天街とも人はまばら。歩きながら松山も人出が少ない、と感じるし、もう松山に行けば何かに出会えるなんてものは少なくなった。別段松山では、 もう気にしなくてもいいな、と思う。
 ヤマハ支店も楽器のコーナーは2/3に縮小されていた。同じ金額のアコースティックギターはケースに、クラシックは外に出されていたが、実際は逆のよう な気がしてならない。
 ジュンク堂で新刊の「秋葉原、内田ラジオ店でございます」の本を買った。帰りに少し読んだが、楽しみにに読みふけることは止めた。これぐらいなら、数十 ページ押さえると書けるかもしれない、と、また思い浮かんでしまった。
 さて、GINOさんの個展。よかったな〜。昨日のラッセンではないが、やはりおもしろい魚、ネコの本物の絵画はいい。意外だけど、イメージだけで描く人 物も興味がある。いずれにしても平面ではないのだ。昨年の信金のカ レンダーのモノホンは印刷のそれとは違う。0の数桁が通常より多いので入手は出来ないけど、義娘の誕生日のプレゼントとして、木版画を入手した。同じ版木 でありなが ら、刷りで微妙に変わるため、数刷りの中から義娘を思いながら一点を選び出した。
 こういう個展がいいな〜。GINOさんは宇和島の明るい部分と以前いらっしたサンパウロの気分とがマッチされているのかもしれない。
 夜、鶴瓶の家族に乾杯は、素晴らしいものを見せていただいた。宇和島市が合併後に失った世界だろうから、今更元に戻すことは出来ない。合併後の一市三町 の管理職は 大半居なくなった今、宇和島市のダメなところを探し出したとしても、誰の責任は出るかもしれないが、これからどうするか、はトント話にならないことで、当 に「会議は踊る」の映画になってしまうのだろう。期待はしないよ。市民も期待しない方がいい、という前に冷え上がって出来ないのであろうか。

2012年12月9日(日)くもり時々はれ
 ずいぶんと回復した ようだが、まだ腹具合がよろしくない。突発的に出る咳にもやられる。鍛えていない腹筋は痛み、トイレへ駆け込むと屁だけしか出ない、という状態。幸いにも 発熱が少なかったのでこれだけで助かっているが、もし40度ほどの熱があると、今頃はぶっ倒れているかもしれない。よかった。
 午後、中村勘三郎さんのNHK大河ドラマの吉良亭討ち入りを見たが、妙にリアルだな、と思った。デジタル処理をされているかどうかは不明だが、処理され ているなら、ベースのアナログテープの良さもさることながら、撮影の仕方が今とは違うやりかたであったのであろう。そういえば、アナログVHS最終期の テープ見ると妙にリアルなんだよね。改めて接触タイプの再生機器のすばらしさを感じることが出来る。
 自負心から申し上げるけど、そういったアーでもない、コーでもないを嫌になるほどやっていた僕には技術的なもの以外にある何かを掴んでいるのかもしれな い。
 今日の午前中のラッセン氏と被災地の小学生やいろいろな人とのふれあいの後、フェルトペンで描くシーンがあるけど、アーいいな、と思うのだな。
 で、彼が少女達へのプレゼントの絵画を送られたとき、イメージとして僕の頭に浮かんだのは「CG」であった。不思議な感覚だ。どうしてか解らないけど、 浮かんだのはCGだ。
 が、実際はエアブラシを多用した紛れもない絵画だ。グラデーションのかけ方など独特のものがある。しかし、我々の大半が見るのはそのリトグラフ、あるい は印刷ものでしかない。そして、CGがあまりにも多用されて無いような世界が実際に存在するかのような印象を与えるのが普通だ、と思われているからに他な らない。
 孫の絵画を昨年見たことがある。小さいサイズの写真では見られないリアルな世界がそこにあった。この子がこんな感性持っていたのだろうか、と身内ながら 強く感じた。が、やがてリリースされる作品集には、そのことが微塵も感じられないデジタル処理された作品が掲載されているだけのもの。どの作品の何もかも が全て均一にされているものでしかなかった。今はこれが普通なんだろうかね。
 そうそう、荷物用のプチプチを掃き出し窓のガラスに貼り付けた。真面目に一瞬のことであった。暖かい。ウソのようなマコトだ。お試しあれ。

2012年12月8日(土)くもり一時雨
 ようやく風邪様の症状が収まりつつある。日頃の不摂生を感じてしまう。この風邪様の「様」を外して医者にかかると「帰れ」と言うドクターが数人いらっし たが、最近ではインフルエンザでも「様」は使わない。
 僕も懐かしいけどストナカプセルを探したが、今はない。特化した症状プラス他の症状の市販薬が多いので、2英世から3英世必要だ。総合感冒薬でも効き目 が... 。なら、いつものようにガマンと対処に止めておいた。としたとき、「異端医師の独り言」というブログを目にした。この先生の仰るのと少し違ったのが「うが い」をしなかったことと「ものを食った」ことであった。これを昨日やっていればもう少し早く効果が出たかもしれない。
 不思議なもので、風邪でダメなところは意識が継続できない、ということだろう。若い頃には、それを押し通してやれていたし、回りのこともあって緊張感か ら心身ともに張りがあったのであろう。が、周りのことを考えると、今回は周りへの気配りがずいぶん増えたように思う。今日は本当に仏壇の水あげと新聞取り に階下へ降りただけであった。
 一昨日、K君のSP盤録音のために手持ちのビクターのステレオプレーヤーをT君に手渡す。回路は簡単なものだ。で、ハム退治のためケミコン他一部を交換 していただいた。嬉しい限り。メイン真空管の50EH5は大丈夫だったようだ。何しろ電源トランスレスだから、ミスをするとビリビリっとくる可能性があ る。このプレーヤーもボーカルアンプにしたり、信号のアウトプット化にしたりしたが、やはりそのままの方が良かったというわけか。
 そういえば、The BeatlesのリマスターアナログLPボックスセットがそろそろになったな。国内仕様はあまりに高すぎる気分がしないでもない。そういえば、1980年 の今日はジョン・レノンが殺害された日だ。そして太平洋戦争の開戦日だ。そして義娘の誕生日。我が家は妙に海軍に縁のある物が多い。
 そういえば、元タイガースの赤星選手が車椅子をプレゼントしている話をNHKラジオの土曜ホットタイムで聞いた。氏の話の内容が妙に心に入ってきて嬉し かった。球場のクセとか、0.1秒のスタートが遅れるとセカンドベースでアウトになる、など、一芸に秀でるには並大抵のことではない。そういえば、旧阪急 の福本選手のスパイクシューズのこと、ジャイアンツの吉村選手のハイカットのスパイクシューズのことなど、今の高校球児のスパイクシューズの原型開発に メーカーとともに活躍したことなど、あまり知られていないよな。
 あ、そうそう、バンブー自転車のことが出ていた。東京オリンピック閉会式前誕生したザンビアの製品だ。が、おそれながら、国内電の価格が高すぎる。フ レームだけ販売すればいいのだが、付加価値が加わる。ザンビアのメーカーは好ましいかもしれないが、それは国発展云々からはウソになるのではないか。僕の 思いが一瞬で萎えてしまった。世界は広いな〜。
 Appleもアセンブルド イン チャイナが消えるそうだ。そういや、PB2400は日本製だ。が、資本はIBMだもの。こういった製品作りは妙に不思 議。僕の最初のMac SE/30はアイルランド工場だった。後日アメリカメイド見て、たたき壊したかった。PB5300CSも同様であった。この完全版はアメリカメイドだっ た。ふざけるなよ、って。

2012年12月6日(木)雨後はれ時々くもり
 つい油断していた か、風邪気味で少々鼻づまり。その後は鼻水タラタラ、で大変であった。昨日の業物ベルトの効果は凄まじい。零のしびれのようなものが軽減される。と、同時 に高校時代にやってしまった神経痛による筋肉の緊張が感じられるようになった。ガクンとくるものが無くなったので、これは助かる。義父がよく言っていた 「腰がニシニシすらや〜」という感じが無くなる。おかしなもので、動きが良くなるのだな。これ以上はどうなるか、付帯の業物が必要になるはずだが、欧少し 様子見。
 午前中は今日も図書館へ。www/Gridの文章校正などを終えて、デジカメの交換レンズのムックを読んでいるとおもしろい。つまり、APS-Cサイズ が主流として記載されたものが主だから、ちっとも参考にならないことが解る。今のコンパクトミラーレスデジタル一眼レフのモロモロなど、どうやって説明す ればいいのだろうか。となると、せめて50余年レンズマウント変更が無いニコンぐらいは、このミラーレス一眼デジカメラの機能にマニュアル操作機能を装着 して欲しいものだが、こともあろうにVシリーズをリリースされたから難しくなったようだ。
 午後から手始めに城山一周を歩く。途中寄り道しながらではあったが、歩ききった。凄まじい変貌だ。一昨日までは出来なかった、出来てもあやしかったこと がウソのようだ。ひとまずはこれまでとしておこう。
 しばらくはこれを繰り返して、いよいとだが、この難しいのがシューズだ。何度も記載するけど、シャンクと踵のあるものを選びたい。昔のadidasのオ リンピアードやガッツェレ、廉価版のレコルトまで傾斜がついていた。タイガー(アシックス)のビッカーはそうなって無くて結構大変だった。踵から減るから 一層後傾気味になるのだ。
 これまた真面目な話、革靴(プレーントー)を履いて歩いた方が疲れない、というのはこういった靴の基本が出来ているからだ。ショック吸収だけが脳では無 い。昔、ドイツのベルノー・ウイッシュマンがトレーニングの後は革靴など普段の生活に戻すよう、というのはこういったところを注視していたのかもしれな い。
 このパターンをやっているのはメジャーリーグのヤンキースぐらいではないだろうか。時にはタイドアップしてインタビューに応じているだろう。
 と、まぁこんな具合で、メチャ寒かったけど結構いろいろあった1日であった。
 今日の終わりに、二つばかり。
 まずは、身内の元タカラジェンヌからお歳暮が来た。留守通知のはがき。敢えて局へ出向かなかった。配達時間は明確ではない。どうだろう、もし、明日同じ 時刻に来た場合、このことを郵便事業会社中央へ言うべきかどうか、明朝出向くけどね。
 数次案で幾度もこの通知が来ると、受け取り側のことは無視されているのだろうか、と思わざるを得ないのだ。このことの詳しくは次号で。

2012年12月5日(水)くもり後一時雨
 今朝は中村勘三郎さ ん逝去のニュースから始まった。数時間後の朝のニュースで知る限りだけど、ご夫人の弁からだが逝き際はスマートだったように感じる。幾度か記したが白州氏 のように最高の死に様は難しいが、今回の勘三郎さんのように、家族に最後の言葉は最小でいい、これまでのお礼と、残された家族のこと、そして死後の自分の ことを常に傍らに居る(居た)妻に託しておく必要があるな、と感じる。
 関係ないが朝ドラの内容を見つつ、アー、これって過去はこのパターンでやられたり、やったりしていたことを想い出した。いわゆるのし上がった奴らに乗っ 取られるパターンだ。その片棒を担ぐのが... 、である。
 今の世界では、結構大きいところでこれが成されるので、世界的な中小企業ではあまり気にもとめなくなってきたが、未だにやられているだろう。どんなにが んばって抵抗などしても、契約内容が英語と日本語の微妙な違いなどを含めて、乗っ取り側に有利に働くようになっている。そこには民族の血があるから、その 辺の違いだろうな、と思う。
 少々違うが、木屋旅館は客が居ないと「部屋の明かりは非常口だけ」の状態が続いている。少々寂しいというか、旅館としての運営方法がなっていない、と思 うのだが、これは経営主体の宇和島市か、運営主体の請負会社の考え方であろうか。どちらに意見書を出すべきか?。ま、予約なしの一元客は宿泊できないし、 やろうとしても複数人からだし、相当高価だから見向きもしないがね。
 せめて、玄関には明かりをともして、「ご用の方は玄関隣の勝手口へ」の表示ぐらいほしい。チェックイン、チェックアウトの時間帯ぐらいは表示しておくべ きだろうな〜。そういえば自治会費を納めていないが、これは市の施設だから必要ないのかな?
 午後、脚の一部の欠陥修正のためにシューズを検討しにショップへ。ゲッ、27.5cmがジャストだが余裕が無い、ときたよ。価格との相談になるが、シャ ンクの部分とヒール部分が存在する運動靴を探しているのだが、帯に短し襷に長し、の状態だ。
 としているときにショップのマスターに対面。世間話のウチに進められたのがクリオのSPベルト。日常着用しても大丈夫とのことなので、高価だがテストが てら効果を確かめるための人柱になってしまった。効果はいかほどか、楽しみだ。
 あ、忘れてたが、新党大地の鈴木代表は公民権停止中らしい。昨日のNHKでの発言は選挙に直接の関係が無かったので大丈夫だった訳か。
 で、夕食後一段落の時、思わぬ経験をした。これはいずれ。ともかくとんでもないことだから、判断が難しいのだ。

2012年12月4日(火)くもり時々雨時々はれ
 さーさ、選挙戦が始 まった。早速11時過ぎから桜内候補の出陣式、傍らから見ていた。おもしろいね。一定の国政の批判をした後、「山本候補を斬る」を思う存分やったぞ。作業 服姿の方々も多い。ご老体が「山本陣営も偵察に着てますね」と言うので、そうですか、と応えておいた。実はそうではなかった。
 ともかく、サクラは多かったかもしれないが、橋下の時と同じような顔ぶれである、ということは、支持者であろうことは考えられる。
 ガンバロー三唱は少々下手だったが、ま、よろしかろう。どういうつもりで、衆議院議員に成ろうとするのか、はよく解った。
 集会後、英語女性団体のあの方が居る、ということは、山本陣営が、はどうも違うようだ。おもしろい。話は長くなるかと思ったが、上手い具合纏めたし、イ ケルかもしれない。
 午後は山本候補が一発。演説する方向に違いはあるが、似たようなやり方であった。これはこれでよろしかろう。唯一の違いは、桜内の時は見かけなかった が、県警かSPか解らないけど、それとおぼしきイヤフォンなしの数人がいらっした。僕がジャージー姿でEOS1をぶら下げていたし、僕自身山本氏と握手し たくなかったので演説を聴くため、一つ道を外れて下からアーケードを上る。僕を着けていらっしたのだろうか。振り返るとその方いらっしゃった。誰が写真撮 るか、アホくさい。
 そのアホくさくの2乗となったのは、山本氏の演説だ。地震なんて何時起きるか解らない。その対策を早くからやっていればよかったのだが、現政権はやらな かった、と言う。誰が原発容認したんだ?。
 また、暗に第三局の政党を指してだろうけど、大阪、名古屋が地方ではない、この宇和島のようなところを地方という。この地方に何らかの掘り起こしをすべ きだ、新しい自民党なら出来る、とおっしゃるのだが、公共工事増やしたところで、この地から若者は出て行く。出て行くだけで帰ってこないのが実際だろう。
 とまぁ、こういった問答やるのかのような演説で、終始自分のことは言わず、自民党自民党の繰り返しだった。これって、オカシイよな。確かに今まではこれ で良かったが... 。
 農協関係者は結構目についたが、農業従事者は本当に山本候補を支持できるか。これまで支持してOKだったろうか。
 と、結構差がある両者の演説であった。
 一つオカシイのは、山本候補の席に石橋市長がどうして参列して挨拶したのだろうか。不思議だな、桜内の時はメッセージだった。関連のある中村知事は両陣 営にメッセージを送ってくれた。中村知事と石橋市長との仲間関係はウソなのか?。今日の愛媛新聞の記事でも出ていたように「ドンデン返し」を平気でやるの だろうかな?。モチ、正当とおぼしき理由を付けてね。
 ま、そんなことを感じた両陣営の出陣式であった。
 その後、本来のEOS 1Dのテストに出かける。ゲー、バッテリー切れ。ところが、充電が30分で完了だ。どうやら、メモリー効果満点になっているか、2004年からのバッテ リーだから本体そのものがダメになっているのかもしれない。結構大食いであるには違いないが、満充電までの時間が短すぎる。Ni-MHバッテリーの弱点だ な。
 次に充電期を迎えると、放電を先にやってから充電してみよう。これがダメなら交換だ。もう一つはバックアップバッテリー、S1-Proの件もあって、こ れも先に交換してやっておいた方が好ましいかもしれない。
 夜7時のニュース見つつ、立候補者の何人が本音を言っただろうか?、と感じた。最初の安倍代表など、原発のことなんて簡単に片付けてやがる。これから何 年後に廃炉に、って言ったのは民主党政府だ。
 な、「自分が当選した暁には... 」、ということもない。大物政治家(実際は政治屋だけど)でさえ明確に言わない。ましてや所属政党を変えてでも当選したいなど、真に「先生」と呼ばれる政 治家か、である。そんなのは当選しなくて結構。12月末の新しい政府が来年の3月頃に崩壊しないよう、一般市民はそういったことまで考えているだろうと思 うし、世界はもっと厳しい目で見ている、と感じる。メディアで喋るのはかなり言葉を選ばないと大変な目に遭う、と考える。
 僕の考えが古いのかもしれない。しかし、こんなチッポケな日本国を動かせない政治屋ばかりが集まったって、ダメだ。先般のトンネル事故も関係副大臣、あ るいは官僚のトップがササッと出向いていって、早急に原因究明などを命じたりしなきゃ、しばらくして、出向こうか、で終わってしまう。いつまで経っても変 わらないか。そういえば、谷垣元代表はどうなっているんだろうかね。私しゃ、こういったことも案じるよ。
 公明党も山口代表が言うのは「仰せのままに」だ。公明党の議員の中にどれだけの人物が核のこと、税金と国民、そして国の借金のこと知ってるのだろうか。 自民党がダメになった後、共闘を離脱する可能性が一番大きいよな。地球温暖化の京都議定書は考えの中にあるんだろうか。
 維新の会も石原代表の考えが通っていれば、今の日本はなかったよね。これだけ大臣がころころ変わる。決裁判だけでOKの大臣ばかりだったのだろう。議員 が自らの意見を述べて云々の国会なら、省庁の代表が議員なんだからできるけど、その代表が無能の議員だから、官僚がやらなきゃならないんだ。都知事時代に 解っているだろうが。23区と都道府県とどこが違う、と石原氏の発言に反論したいよ。
 はっきり言って、ジジイのエゴだよ。これを論理的に淡々と話をして妙に説得力を持ったとすれば、凄いことになるけどね。橋下君と一緒には所詮無理だ。
 共産党の志位代表よ、いつからマルクスレーニン主義をどこかへ持って行ったのだろうか?。おまえさんとこもブルジョアジーになってしまったよう、と僕に は感じる。何でもかんでも反対だと、どれをどうすればいいのか?。その道筋は明確に示さない。党の方針に同意できるものだけで日本国を前へ進めるのは非常 に難しいだろうことは解ってるんだろうか。
 即時原発0が可能だと言ってるが、伊方の今の状況の補償はできるか?。TPPに中国入れるとどうなるんだ?。日本海も太平洋の一部か?。過去の経験か ら、僕はこの党の大嫌いなのは反対の反対をすること。かき混ぜてスタコラサッサと居なくなること、であると思ってる。
 未来の党の嘉田代表は、あれほど国民にアピールした滋賀県知事をもっと親身にやってほしかった、と思う。教育委員会にもの申すと、全面に立っていじめ問 題に体当たりしたんだもの。
 この考えをそのまま国政に持ってきても、そうは上手くいかない。10年で原発を廃炉、ってどこから来たのだろうか。民主党の現政府が打ち出した「30 年」が無ければ、こういった数値は出なかったはずだ。国が率先してやれやれ!、と言ってきた原発推進を10年で止めようが出来るのかどうか、原子力商船サ バンナ号はまだしも、日本の陸奥もことが起きてから対応したんだろ。いくら震災で経験したと言っても、廃炉にするにも10年でやっても完全にはそれ以降ど れだけ時間がかかるのか、ここんところは明確では無いんだよね。
 永六輔さんではないが、日本には日本独自の生活のしかた、仕事のしかたがかなりの長期にわたって、日本人の血に入っているんだから、いたずらに男女同権 の、とは出来ないはずだ。この辺はどう考えていらっしゃるのだろうか。
 社民党の福島代表へは、一つだけ申し上げたい。消費税反対、TPP反対、原発ゼロ、護憲はこれまで社民党が掲げ続けた課題で十分解っている。それを全国 比広められなかった。少なくとも今まではね。その証拠に、松山には来ても宇和島には来ない。これだよ。この地方には、かつての社会党の有名活動家が居たに もかかわらずね。これを含め、弱小化したとは言え行動が見えないんだ。
 新党大地の鈴木代表はおもしろい考え方をお持ちだが、非常に難しい。北海道を例に挙げられたが、お隣の青森まで天然ガスを運べるだろうか。難しい。ロシ アはOKするのだろうか。
 国民新党の自見代表の最初に発言のあった件では、まだ郵政問題に固執するか?であろう。現郵便事業会社に働く人も国民新党へ問題提起できないのであろ う。少数だから小回りが効くか、と思うのだが、それもできないでいる。
 そういえば、過去に党内の内部分裂もあったし、今回の質問点の3項目の応答も何か解らないな〜。
 新党日本の田中代表は、明確な意思を持った個人の議員を選ぶべき、と良いこと言ってる。それをもっとアピールしておくべきであった、と思うのだな。
 みんなの党の渡辺代表は闘う改革、とおっしゃるが、闘える人数はいらっしゃるか。TPPの考え方はなかなかのものであると思う。日本の農業政策の批判も 理解できる。時間として短かったが、原発も世界標準の安全基準を創るなど、話の中では一番国民に理解が得られるのではないか、そしてもっとも現実的な考え 方と思う。歳入庁の考え方、保険料の官民格差の是正などなど、よく考えると出来そうな政策であるように思う。
 新党改革の桝添代表は経済ばかりだ。テレビのコメンテーター時代とほとんど変わらない。消費税もTPPも原発も何とも言いようのない方針だな〜。私は日 本人の一人としてこう思う、とは言えないのだろうか。じゃ、経済面でアップを図るなどの考え方はないようだ。
 民主党の野田代表は、これまでの実績からの発言が多かった。大半が忘れてしまっているだろうと思うが、これらの施策の元は自民党政府がやったことだろ う。その後を引き継いでやったことを、何だかんだと言われたくないよな。確かにマニフェストどおりにならなかったのは事実だ。東日本大震災が影響した、と は最小の発言にとどまったのは偉いと思う。安倍君なら身体壊して逃げ出しそうな自然の驚異後の処理だからな。消費税、TPPそれに原発もこれまでどおり。
 別に肩持つわけではないが、解散前からずっと言ってきたことだ。これからも継続してやるぞ、というところだ。この方針が無ければ、ある政党を除いて民主 党を攻めることは出来ない、と僕は思うのだけど如何だろう。
 NHKの方から「選挙後の民主党はどうするか」の質問を出されたが、議員の削減などの話も出た、第三局の話も出た。が、これまで通りの言い回しであった し、腹立たしさを外へは出さない点など流石である。
 第一に司会者側から選挙後のことを聞いたのは民主党だけではなかったか、と思うのであるが... 。
 それにしても、党首に聞いた後の解説めいたことを言われたが、今回の選挙は水物だ。選挙後は古いことではあるが、細川内閣のようになるのではないだろう か。諸外国も判断が難しいだろうな〜。
 WBCのメンバーも決まった。そろそろミサイルが飛んでくるぞ。

2012年12月3日(月)くもり後時々雨
 昨日はモンクばかり になりそうだったが、ちょっと気分がよくなったので一つだけ先にね。福岡国際マラソン。これほど勝者を優先せず日本人にこだわって報道したスポーツ番組も 珍しい、と僕には感じた。レースの経緯などは数限りなくあるだろう。が、実際は日本人はこのレースで2位だったのだ。この事実は歪曲され、番組の仲で優勝 者の姿を見たのは月桂冠を授けられたその瞬間だけであった。何と、インタビューは日本人2位の彼になってしまった。これが全国放映だ。
 ケニヤのギタウ選手は流ちょうな日本語で話したはず、と思ってたら、今日の新聞にそのとおり出ていた。
 僕が優勝者なら、ではなく、彼が働く企業はこの放送にどういった感じを持っただろうか。弱い日本選手ばかりになった。それを世界選手権出場枠の時間だけ にこだわったような、日本人1位というのさえオカシイのだ。少しだけ時間が前後していたら張本さんの「喝〜っつ!」が飛んでいただろうな。
 さて、今日はある物が届いてその性能に少しばかりアゼンとしているところだ。こともあろうに、一番安っぽいけど愛すべき物が逝きかけになった。突如おか しくなった。よくよく考えると二度目だ。抽象的だが、今は明かせないのでゴメン。
 源を全て取っ払い、クリーニングをやると生き返る。ま、致し方ないな。ジャンクってーのはこの部分がオカシイのであろう。
 しかし、これだけでは済まなかった。問題はバッテリーの容量だ。規定電圧は出ているが、容量が不足している。どのバッテリーが頭領不足をしているのか、 はモニターがないのだ。たとえば、メインバッテリーと撮影時のNi-Hiバッテリーは同時に逝くことが数回経験している。駆動バッテリーがたまたま無く なったときに、メインバッテリーも逝ってしまう。モニターはErrを示すだけなのである。
 今回もそうであった。バックアップバッテリーは活きている、と踏んだのだが容量不足は否めなかった。むしろ、今回はCR123Aは大丈夫であった。もち ろん、バックアップバッテリーのCR-2025も活きてはいるのだが、容量不足であった。全く組み合わせのないようなバッテリー障害が起きたわけだ。経験 としては記しておきたいが、バックアップバッテリーも3年に1度は交換する必要があるように感じた次第。ここでウダウダ申してもしかたがない。詳しくは ホームページでだ。
 今日は、この地方の冬の天気のような空模様。これが長い間続く。3月4月は再びの空模様。現実にこの地方での上天気になる日は非常に少ない。伊達様を恨 むね。

2012年12月1日(土)はれ
 妙な興奮と何とかで 2時過ぎに起きてしまった。3時過ぎに再び寝てしまって結局起きたのは8時前になった。昨日のEOS 1Dは何かトンデモナイものを入手してしまったように感じる。自分ながらオカシイのだが、最高機種をこれまで自分が持っているモロモロのものに例えると、 数種しか無いのに気付く。
 CB 1300とXJR 1300のように一番のものであるオートバイでも無い。すごく身近なスパイクシューズはadidasとPUMA。これは本当に別物であることが解った。今 回のカメラ、東西の雄であるキャノンとニコン。デジタル部門ではどうなるのだろう。それを最高機種で比較できる時代になった。不思議な世の中だ。と、こん なことを考えていた。
 レディ薬局へウェットティッシュの詰め替えを買居に行く途中、永井モータースへ見慣れた古いオートバイが... 、もしかしてZ1?、と思ったら、何と250TRの改造版であった。これに女性が乗ってる。フーン、としただけであった。傍目だけだが... 。
 それこそ、1977年XT500のフロントフォークを思いっきり突き出して乗っていたお仲間が居たが、僕はどうしても21インチのフロントタイヤを19 インチに変更することができなかった... 。あの頃を想い出した。
 そして、最初期のSR500。すぐに売り飛ばした。XT500を売るのではなかった... 、と思い出とも何とも言えないものが北西の風とともに頭を駆け巡った。50000kmを走った僕のSRは快調なままである。
 www/Gridの校正などをしようと図書館へAirを持っていくが、受験生風の生徒が多くて遠慮した。こいつらの内幾人が桜咲くになるのだろう。そし て5年後はどうなっているか見物だな〜、と良からぬことを考えていた。多分、かなりの人が就職難に溺れ死ぬのでは無いだろうか。僕のようなバカやる奴も居 ないのであろう。息子のように秘密でアルバイトやって、の世界なら社会の状況は解るだろうが、それさえ許してくれない学校生活に何が社会教育だ。それを教 える教師自身が、同じ境遇での学校生活だったろうに。おもしろいものだ。
inserted by FC2 system