2013年7月の日記

2013年7月29日(月)はれ時々くもり
 まり言えないこと があるのですけど、何かしら一つのくくりで考えると上手く行かないことが多いように思います。昨日のブログに記載した件、実際は4階の開きがありました。 つまり、危機管理課の一部が、今回の防災ラジオ他の件での仕事のみに特化した部屋に移っていて、そこから配信されたメールのアドレスが古いままであった、 という次第でした。
 でも、やはりお役所仕事というのは、各自治会での電話連絡の関係者は携帯の電話番号と携帯のメールアドレスを通知せよ、は5月以降だったので、当然、別室にもそのリストがいっているはずなのです。どうでしょうか、この辺がお役所仕事、というわけなんですかね。
 昼食は妙に身体が欲してロンロン亭の中華丼にしました。前に記載したとおり、組合からお祭りの写真を持って7階から順に回って配っていたのですが、汗の 出方が上っ面だけに感じるのです。どうも中から燃えていないな、ということと、どうも毎日の食餌に野菜が少ない、と感じたからです。
 食べた後、帰りの道でドバ〜ッと汗が噴き出してきました。いわゆる体中からです。そのため、西日の方が当たる時間が多い玄関前は風が吹いているため、随分と心地いい。ナ〜ルホドね。シャワーを浴びて心地良くなりました。妙に助かった、と感じた次第です。
 夜は少し金銭対照表、いわゆる家計簿を眺めていました。微妙な点ですが、どうやらステディーになりつつあります。もちろん、年金額は今のペースを維持で きるものではありません。もしやるとすると、このネットも携帯もすべから注視して、電話そのものも解約して公衆電話へ駆け込む。食費は1日1,000ま で。と、これならOKでしょう。
 が、光熱水費は私の家計から支出です。かなり使わないようにしてはいますが、それでも数万の出費は覚悟の上であります。働いて、帰ってグタ〜、となって いる妻をおこして食事の用意をさせることは私には出来ません。が、優しい旦那様。とは決して仰らないように。ハッキリ、妻の立場上、洗濯をするのは控えて います。男の私が彼女のブラやティーを平気で干している姿を彼女はヨシとしません。それを忠実に守っているだけです。
 と、こんな状態ですから、ステディーの意味がわかっていながら、現実には出来ていない。それがようやく上手く逝くようになってきた、というのが今なのです。
 ブログにも散々記載しましたが、docomoキャリアのiPhoneにしても同様です。高校生がスマホを利用していますが、一家の携帯の金額はおそらく万を超えるのではないでしょうか。でも、贅沢品ではない。不思議な世の中です。
 これらを何とかお安くやれる、この命題めいているような行為を私がやっていることは... 。

2013年7月29日(月)はれ時々くもり
 、けたたましいクマゼミの鳴きで我に返されました。その時です。私の頭は急速に回転を初めて、現在行われている城山整備が実は良からぬ方向へ進んでいるのではないか、とおもわれることが思い浮かんできました。
 その証拠に、鳶の姿をあまり見ません。カラスは相変わらず多いのですが城山の木々を使用しているものは少ないようです。真面目に、彼らに何か良くないことををやると一発で2〜3世代以降まで鳥には受け継がれるDNAが生まれるのではないか、とも思われます。
 そして、アブラゼミの鳴き声が少なくなっています。この辺はまだ大丈夫のようですが、アブラゼミを見なくなる時代が来るのかもしれません。宇和島城が今 の姿になって65年ほどですが、街中の自然はあっという間に壊されてしまいます。石垣を見せると、再び石垣整備に走らなければなりません。以前、新しく開 発整備した桑折長屋門横の部分。「シダとなんとかラン、植えるのはいつもこれですね」と意見をして、大反論をいただいたのですが、いかがでしょう、いつも ながら草木の成長はストップしているようでもあります。私に反論した方はどう感じていらっしゃるでしょうか。セメント質の土では植物は育ちません。ハイ。
 午後はサッパリやられました。まずはイイ方から。バッファローのiPhone、iPad用のワンセグチューナーが入荷しました。旧型なのでお安く入手で きましたが、性能は馴染みが出るまで長い。アプリが無料なのはいいのですが、これはiTunesを介してアップデータなどの配信の方が好ましいがな、と感 じます。ま、動くことを確認しましたので、OKとしましょう。
 もう一つは悪い方。役所の危機管理課課からメールが不通との通知。ナント、前のショートメールの文字化した旧来のアドレスが活きてる。今年も5月に届けたはずなのに... 。セシカマシイのでもう一度通知してOKとなった。
 ところが、iMode netにロックがかかりダメ。iPhoneのiMOCOがどうもおかしい。結局、simをガラケーに移してiModeからID変更をやって、ようやくOK となった。本当に、こういったところがdocomoは安定性がないな〜、と思う。未だにインターネットエクスプローラーオンリーってーのもおかしな話だ。 数種のブラウザ対応させるのがNTTの良心だろうが、と強く言いたいね。
 こんなことがあるから、未だにiModeを残しておかないとならないのだから、不思議な世界だ。FOMAカードは全くなくなっているし、大事に使用しないとならないな、と感じた次第。

2013年7月29日(月)くもり時々はれ
 び ウィークデーになりましたが、何やらボヨ〜ンとした天気で、光化学スモッグ注意報が出そうな気配の日中でした。色々あって、ついぞ、昔のお仲間の元へは行 かないようにしておるのですが、本日は未納の会費を納めてきました。ま、私の退職日以降のものなので、年度の中に入っているのですが、その団体の会計年度 が退職日より後のために発生しているもので、致し方ありません。そのことを含めて、訪問客の少ない時を見計らって出向いたのですが、やはり、対面します ね。別段良からぬことではないので、あー、そうですか。ナルホド、で済ませておきます。何やかやいったり、貸してみなはい、と手でも出しますと、この間放 したようなことが現実めいてきだしますので、これは避けねばなりません。1日中、つまり、日中の大事な時を毎日拘束されることを私は拒みます。もう十分で す。
 さて、お祭りの写真が出来てきました。アーケード内の写真ですが、素晴らしいです。特にキャノンのEOS-1D。これは、大半が無修正です。レンズは EF28-85mmですが、色のバランスがいいですね。レンズ自体の特性を考えてUVフィルターだけにしていますが、PCで見るのと、写真にするのとでは 微妙な点で異なります。
 ハイアマチュアではありませんが、訳知りのフィルム派にはAPS-Hサイズのセンサーの持つ意味がAPS-Cサイズとは大きく異なることに注目すべきで あろうと思います。バランス面などから、私は一眼レフを使用していますが、中級のAPS-Cサイズのセンサーなら、ミラーレスのフルサイズを試すのも一興 か、と思うところです。
 特性は異なりますが、ファインダー上では、フルサイズのEOS-1DsとMK-II辺りは狙い目かもしれません。オー、そうそう、ニコンのD1ですが、 塗装がダメですね。弱いです。強いニコンのはずでしたが、EOSの方が強いみたいです。特に塗装はキャノンの方が強いように思います。
 強いついでに申し上げます。ここ最近「南海大地震」が50年以内に来る、とのことらしいです。で、なんやかや言いつつ、いつも「津波」のことしか言いません。津波に対しての訓練など、昨年度はやりませんでしたが、今年度は明年3月にやるらしいのです。
 私は少々バカみたいで、やってられません。なぜかわかりますか?。阪神淡路大震災が発生した、その日を想い出していただきたいのです。あの日は冬の未明 の地震でした。その後、忘れもしませんが「脇浜アナウンサー」の悲痛な声とともに、神戸の数か所から火の手が上がって、大災害になった、これなんです。
 私が言いたいのは、津波より先に「テメーの命はどう確保するのか?」ということではないか、と思うのです。たとえば、高知沖数十キロの大地震、として想定しましょう。高知市内は大きく崩れているところ、家が崩壊しているところ、その後数分で、津波が来るかもしれない。
 そうなんです。その家が崩壊した後津波が来るまでどういったことをすればいいのか、これだろうと思います。これまた予想ですが、私、宇和島市は、日振 島、戸島、鹿島、沖の島、蒋淵は要注意であろうと思います。幸い蒋淵小学校は津波に対しては、相当なことを計画して実際にやってます。が、小学生が、は抜 きにして、その数分前のことは論じられていません。真に、今の大地震に対しての様々な問題点は、これが抜きにされているのです。
 今の時点で最悪のシチュエーションとして、冬、未明、雨、の条件で地震が襲った、としたら、皆さんはどうするのでしょう。誰も助けてくれませんよ。拙宅など2階がメインですから、女将さんの無事を確認した後、夫婦別行動が始まります。
 私は、ぐしゃぐしゃの部屋から、ある程度の防寒着を着てまずは、ガスの確認。ブレーカー一発の電気の確認をした後、外へ出る。この間10分程度でしょうか。ただし、地震の揺れが収まるまでの時間は除きます。
 妻は、就業中なら病院へ出向くでしょうね。私は、町内を回った後、さて、どうするか?ラジオのスイッチを入れて、確認を取ります。津波が来そうなので、 避難を、としたとき、私は和霊神社か、決定区域ではないものの、税務署の敷地、図書館の敷地などへ行くよう指示を出すでしょう。
 これ以上は、個人では無理です。すでに、この時点で数十分経ってますから、雨のため、身体が動かなくなっているかもしれません。
 と、私自身でも、こういったシチュエーションが出来るのですから、アホみたいに津波津波、といっていることがアホくさく思えるのです。
 この日記をお読みの方がいらっしたら、ご自身の家の敷地の高さ、家の構造を先に考えて行動していただきたい、と思います。悠長に構えていると、逆にケガをします。こういったことも考慮しなければなりません。
 住民の意識が乏しい中でシミュレーションをやって、おかしいことも結構、硬軟取り混ぜての訓練をやらないと、住民自らを葬ることになるおそれは多分にあるものと思っていただきたいのです。
 とはいえ、私自身がものに押しつぶされて先に死んでいるかもしれませんが... 。 

2013年7月28日()くもり一時雨
 と もフラッシュビームの中にいるような夜中でした。おぼろげですが、おそらく午前2時過ぎからピカピカッ、ピカピカッ、の連続でしたので、つい目に入ってき ます。そのため、7時前に起きたのですが気分が滅入ります。それまでに、松山地方では大雨でJR予讃線が松山⇄北条間が運転停止、ときましたのでかなりの 雨が降ったのではないか、と思います。
 少々考えるところがあって、iPhone3GSの料金体系を見直しました。実に慌てていたのをホロ苦く想い出します。もし、自治会長をやっていなくて、緊急連絡メール設定が無ければ、もっとお安く機能限定でiPhoneが使用できていたのでは無いか、と思います。
 が、これでは、iPhoneのせっかくの機能が失われます。家の中ででも、スケジュールの変更予約などが入ると、iPhoneで受け取って確認した方が 手っ取り早い。こういったところが有用なんですね。データ通信をOFFにしていても、緊急の場合以外は課金がされずに使うことが出来ます。
 が、一度ありましたが、テレビ番組の陸上競技日本選手権の日程を見るため、松山から帰宅中のバスの中でデータ通信をやりました。わずか5分程度でした が、通信網不毛地帯のこの辺では、3G回線のためそこそこのスピードで確認が出来た次第です。が、翌日のMy docomoでは涙が出るほどの課金になってる、といった次第でした。
 ガラケーにSimを戻してiModeで通信をやった場合は、iModeでの課金がなされています。ガラケーの使いづらさが伴います。この要因はドコモか らのフリーメールです。当初から勝手に送りつけてくるものですから気にもとめていなかったのですが、急にベルが鳴って... 。これもようやくPCから解除しました。この確認のためにiModeにつなげていたわけですから、頭にきますよね。「開かなければ課金されない」をドコモ が悪用しているのではないか。見づらいガラケーのiModeの画面、こういったのも考慮してほしいものです。
 これらのことは、ドコモが勝手に課金できるシステムそのものです。ネットで報告するようにしていますが、あの程度の割引なら、もう一度手紙での報告にし た方がよろしいようにも感じます。会社が考える便利さは、一般ユーザーには不便きわまりない、ということもあり得るわけですね。
 夜、酒道場。後から入ってきた客の中に嫌なパターンののが居ましたね。ここはね、マスターと女将さんの二人できりもみしているのです。客は数回来ている はずなんです。でも、自分たちの希望を先に叶えさせようと状況を判断せずに注文をする。嫌ですね。要求を満たすことが出来たらハイサヨナラ、でしょ。この 間わずか40分程度ですよ。
 以下は私の考えですが、もう少しゆっくりして、奥さんとの話もあるでしょ。「これ、旨いね」「マスター、手間じゃないかい?」など、初回の客でも話が出来るはずなんだがな、と感じます。ま、人それぞれかもしれませんが。
 男が誘って、女に意見されてる奴。で女が介抱しなければならない様子。情けないとは言えないまでも、ね。ウチなんざ、どうするんだ。妻は最近飲んで帰っても、絶対に崩さなくなった。むしろ怖いね。
 私の今の状況を見て「働いたらどうか?」とおっしゃる方がいる。私は滅法御免被ります。この暑い中、庭の草取りなど、誰がやるか。私には私の生活があ る。公務に35〜6年も就いていたのです。そこんとこを考えると、余程の事情がない限り、これ以上働くのは願い下げです。したがって、私が出来る範囲での 仕事なら受け入れることは出来ますが、それをやると、「事務局」の名の下、何でもかんでも持って来られるのは必至です。
 それゆえ、私は今の生活を続けるだけに止めたいと思っています。1日中飲まず食わずでも結構。1杯の酒があれば、その日は穏やかであった、とするのが今の私の状況です。
 孤立はますます深いものになってきだしました。私の知識など、多くの方がゲットしております。もう、この辺でご勘弁願いたいものです。
 と、こんなことを感じたわけですよ。で、一宮様の花火が全てを消し去った。間もなく8月。暦の上では秋になります。選挙戦前、この街はどうなるのでしょうか。

2013年7月27日()はれ
 た、強烈な陽光の夏の1日が始まります。若干ですが、空気がよどんでいるというか重いですね。昨日の雨の水分が残っているためでしょう。しかし、完全に乾くまでは数時間です。晴天ですが白い薄いベールが取れると夏が始まりますから。
 ハッキリとはわかりませんが、昨日の雨でリセットできたようにも感じます。最近、デジタル一眼レフカメラに少し疑問を持つようになってきました。何か ファインダーに見える対象映像と眼球までの距離感があって、見たままが写真(映像)としてセンサーに記録されていないように感じるのです。
 そうですね、APS-Cのセンサーにしても、ファインダー越しの対象物は目にはビデオ映像として捉えているようにも感じるのです。たとえば、視野率 100%のニコンF系のファインダーを覗くと、目ン玉をファインダーの中で動かさないとならないほど、すぐ前にレンズが存在することが意識できます。
 が、デジタル一眼のD-1ではビデオカメラのファインダーを覗くがごとく対象物はずっと遠くにあるように感じるのです。
 で、走り込みの時EOS-1Dを構えていたら、当然ファインダーには入らない位置で仰いでいる団扇が入って来るのです。確かに狙っている対象は3〜4m 先にいます。その角度ではカメラ直前左で仰いでいる団扇はファインダーの視野外なのに、どうして見えるのだろうか。EOSの性格上、シャッターを切ると、 団扇は映像に入ります。なぜだ?
 強いて言うと部屋を暗くして液晶モニターを見ている気分なのです。この疑問が今のところ解決できていません。ファインダーのアイポイントとは少々違いま す。EOS-1Dが20mm、ニコンD1が22mmです。この値が大きいほど接眼部から目を離しても周囲が見えるわけですから、両者とも視野率100%近 いため、工学系ではフィルムカメラ並み。ということはオートフォーカスへの回路とは別系統?
 これは考えづらいことですから、やはり、ファインダーの特性であろうと思います。S1proでは画像は黄色の表示数値より前に存在しているようにも感じ るのです。残念ながら、ニコンFシリーズ、キャノンのF-1のようにファインダーが外せませんので、ファインダースクリーンより上のペンタ部分内部の微妙 な設計と、C-MOSセンサーの厚みがフィルムとは異なること。C-MOSセンサーを作動させるときのフォーカスはビデオ並みにしなければならないこと、 などから起こることでは無いか、と思います。おそらく、カメラ本体の一部としてのファインダーはフィルムカメラに較べて、工学系ミラーの設計が大きく異 なっているのではないか、と思うところです。
 バカな実験ですが、デジタル、フィルムにかかわらず一眼レフカメラをお持ちの方は、ファインダーを覗かれると私の言わんとすることが解るのではないでしょうか。で、おそらく、カメラの厚み=接眼部とファインダー像の間の長さに比例しているようにも思えます。
 さて、甲子園の予選も済美の優勝で終わりました。高知のゲームを見てますと、明徳義塾もそう大してのチームでも無いな、と感じました。徳島も同様です。 唯一の違いは、鳴門、済美とも直近の甲子園へ出場していることです。この影響をチームが受けることは大変重要なことと思います。数年のブランクなら大丈夫 な世界ですが、高校生活から離れたメンバーが期待する高校生は意外ともろいものです。甲子園で、私の言うことが間違っていたらゴメンナサイ。しかし、予選 の段階で、結構判るものなのです。
 話を現実に戻して、宮崎駿氏などが盛んに叩かれています。堀越二郎氏の電気をメインにした物語です。もっと反論してほしい、と思います。私も戦闘機は好 きです。ただし、機関砲など武器を極力使用しない方向性が必要です。たとえば戦闘機、冷戦の脆弱性は防火とパイロットの防御装置が皆無、というところにあ ります。グラマンF6Fが出現し始めてきた以降、それは露呈されます。優秀パイロットはすでに世を去っています。これが戦争ですから、零戦が悪いのではあ りません。それを長らえて使い続けた、それを操縦し続けた、此処に問題があるのであって、零戦、つまり皇紀2600年=昭和15年に誕生した当時の世界最 高峰の戦闘機であった。それを設計したのが堀越二郎氏であった、ということだけなんです。
 これを、いたづらに日本バッシングに利用するのはいかがなものか、と思うのです。某国の大統領も何ももうしませんし、これが普通なんです。
 もし、あの戦争が無ければ、今のリノのエアレースにはとんでもない飛行機が飛んでいるかもしれません。微妙に、訳知りの私には苦しい気分がしてなりません。

2013年7月26日(金)はれ後一時雨
 かみさ んが出ていったのに全く気がつきませんでした。不思議な夢を見たようですが、流石に思い出せません。どことなくは昭和30年代の宇和島の様子であろう、 と。そこに今の私が、というような感じでしたでしょうか。気付いたら6時半でした。3日間のカメラ駆動時間での諸々の疲れが後追いで来るいつものパターン です。
 私自身不思議なのは、今もってF2のモータードライブをホールドして1/15秒のシャッターを切れる。これも体力作りの一つでしょうか。EOS-1にし ても同様です。不思議なことですが、ある程度の大きさと重さが無いと、カメラを無視する方向へ進んでしまいます。結果、上手く写真が撮れるか?、というと そうでもない。まことにおかしな現象です。
 私など、デジタル一眼は思いっきりシャッターを切りまくって、その中から1枚を選ぶ、ということが楽しいのです。その裏付けは、36枚しか撮影できない フィルムカメラのその一瞬の撮影、が活きています。オカシイかもしれません。でも、狙いは同じなんですね。「今」、を逃したら、もうダメ、のフィルムに対 して、「今」のその前から、後まで撮影することが出来るデジカメですから。それをするには、結構な体力と持久力が必要なんですね。そして、「今」を撮影す るためのカンピューターの駆動能力が不可欠です。
 半分冗談めいてますが、一度やれば、必ず私の言わんとすることが解ると思います。と、諸々のまとめをやって、写真のファイルを組合まで持参して大慌てで 帰ってしばらく後、凄まじい雷鳴と強雨に見舞われました。これは凄まじかったです。仕事で柿原へ出向いた折に、送電線の鉄塔に落雷したのを見たことがあり ますが、昼過ぎのあれはバシーッという音がしましたから、どこかへ落ちたかもしれません。願わくば、晴れ間が出るのが遅くなってほしいものです。
 と、うまい具合に夜を迎えました。会議を一つこなさなければなりません。宇和島原水禁の総会です。私は幹部側の役員ですので、出向かねばなりません。な かなかあいさつ文章が浮かびませんが、放射線量の単位と、見えない・臭わない・感じないを主にあいさつしようと決めた次第です。
 こんなこと言ったって、で済まされないのです。歯医者さんでレントゲン撮りますよね。そのドアを開閉したことがありますか?。一度許可を得て動かしてご 覧なさい?。その重さにどきりとすると思います。同様に、看護師のご主人がいらっしゃれば、放射線科でX線撮影をしつつ手術をする段になって、のことを聞 かれるとよろしいかと思います。
 マジ、汗だくになっても数十キロのエプロンを着用し続けなければならないのです。その体力たるや、精神面とともに非常な苦痛が伴うのですね。妻から聞い たことがありますが、ビキニの下着は水着にして、エプロンを着けたい、とね。それでも、放射線を浴びているのです。数か月に一度の肝機能、心臓機能、肺機 能など、特殊な機能検査を受けなければなりません。金に換算するわけでは無いのですが、危険手当なんて相当に低い賃金で抑え垂れているのが現状です。
 万一従事者で機能障害が出たら、病院そのものの体質が問われますし、施設の改善はまだしも、夜勤の回数、手術に対応できる人数の確保から始まって、相当 にやられる結果になるのです。そのヤッテヤル側の国でさえ、福島原発の諸々は未だ指針が出ていない。これはどういうことでしょうか。
 放射能、という見えない、臭わない、感じない物質を電力会社だけに押しつけていいものかどうか、もっと真剣に感じていただきたいものです。
 ずっと前にキュリー夫人のモノクロ映画を見ましたが、多量の諸々から「たったこれだけ」歯科採取できない。それがラジウムであったのですが、すでにこの頃から被爆していた。この事実を、今映画を作れば必ず説明しなければならないことなのです。
 世界では、これが普通なのですが、日本では未だにひた隠しに隠す。この現実からすれば、電力会社の審議会なんて屁みたいなものです。内部告発も出来ない でしょう。ましてや、愛媛県でもそうでしょう。寄付者が原発関係委員になってる。金があればOKなんだ、って、誰もが思うことでしょう。単純なことが未だ にわかりゃしない。伊方町長なんて、再稼働お願いします、がミエミエです。お前さん、伊方の代表として、隣の八幡浜からはじまって、宇和島市の一部まで汚 染される可能性があるのですから、そこへあいさつなどする?、という姿は皆無です。
 むしろ、再稼働を大慌てでやってほしい旨の態度は明白です。こんな町長を許すのは自治体のはじであろうと思います。少々言い過ぎましたが、ニュース映像で見る限り、そう感じざるを得ません。
 それこそ、福島の一件で、自治体がゴーストタウンになってしまうのですよ。そのいい方に批判が集中しましたが、今もって変わりはありません。被爆した猪、蓋が野生化してのさばる。こういった現実をどうすればいいのでしょう。動物愛護団体だって、この辺はお解りでしょう。
 核は爆発だけではありません。核爆発の方が楽です。この今の現状は、数十年しないと安全の案の時でさえ出せない。今の解禁地区でも、長時間居る、私が人 柱に的な人が出ても、その人がとがめられたりする。国の基準が無いままでやったことなのに... 。不思議な世の中です。

2013年7月25日(木)はれ

 面目に山小うどんへ行こうと決めていましたが、昨日は2つの理由でダウンしたので... 。この日記と、ブログを慌ててアップするのが先!、とこれらの作業を終えて出向きました。少し身体が言うことを聞きません。つまり、汗が出ないのです。
 着くと「冷凍うどん」。ということは、すでに来客がかなりの数... 。ま、いつもどおりに作るのですが、ゲー、次々にお客が。希望どおり(?)アウトのベンチでいただきました。今日は冷凍うどんの茹で具合でコツを掴んだ次第。
 お客の中には例のスタッフの方々も。敢えて口は開きませんでしたが、こういったのは事前に学習してこい、それも勉強でしょ、と心の中で呟いておきました。
 その足で、ローソン。此処のサンドは結構多くて満足しております。で、もう一つのフラリ〜の理由、それはヤフオクでEOS-1Dsを落とせなかったからです。あま りに高価になりすぎる。それなら、数千円の出費で希望落札どおり入れれば... 、なってしまうのですね。それと、競るうちに1Dの時のことが過ぎるのです。あの時のような千載一遇の気分が生まれなかった。そう、決して負け惜しみでは ないですよ。価格の面からしてもリーズナブルを通り越しています。それだけのことです。
 今日の愛媛新聞で微妙な一文を読みました。内情の詳細はわかりませんけど、それは元結掛(もっといぎ)の牛鬼の件です。ルートを変更せよではなく、私は 元結掛の地元からの通り道に御殿町をチョイスして、宇和島市、宇和島自動車と協議して、ソコソコの線で広場で練ればいい、と思うのです。以前は確かにそう やってましたよね。ここからここまでは、各々の牛鬼のコースなので、警察へ道路使用許可申請をする。そして、練りながら3時間もあれば開場へ来れるではな いですか。昔は親牛鬼もそうやってたのではないか、と思うのですが。
 昨日の今日でしたので、F2のモータードライブの整備をしました。原因はシャッターの接点部分の目に見えない腐蝕でした。コレを取り去るのはいつものよ うにWD-40を入れて、接点部を入れたり抜いたりの繰り返しを数回。その後接点を拭ってビックリ。緑青色の汚れが... 。この汚れがなくなるまでやって、その後WD-40を塗布して組み込みます。このように接点部分を綺麗にするとスムースに行きます。これをCRCでやると、元の油分が取り去られますので 要注意です。
 あとは、電源部、駆動部、カメラの順にブロック組み立てですから、取付ねじ部分にはアトリックスを少し塗布しておきます。ピッチの大きいネジ部分ですから、スムースに入るようになります。
 わずかなことですが、これが効くんですよね。昨日は「まさか?」シャッター(スイッチ)の接点が... 、だったのですから、しかも動いていたものが急に止まってしまったものですから。大慌て。嵌合部分の接点4か所で密閉になっているのですから、一層不思議な感じ がしてならないのです。ま、済んだことですからヨシとしましょう。

2013年7月24日(水)はれ
 時前、和霊様へお参りに出かけました。もちろん、最初は御旅所でもある丸之内の和霊神社です。ここが山家清兵衛の住居跡になるわけですし、和霊様のお祭りは全てはここから始まったわけですから。
 その後は今の和霊様へ。妙な気分になってしまうのです。理由は簡単なこと。ゴミが非常に少ないのです。はっきり言って数年前は、今日など係員が文化会館 の前を大忙しで掃除していたものです。和霊公園(神苑)もお化け屋敷は復活しましたが、何か微妙に意識が遠のいているようでなりません。走り込みの場所取 りも数か所しかありませんでした。
 今日の終わりに記すべきでしょうが、この(あえて)2日間で最大盛り上げて、なおかつ、また来年もやろうぜ!の気分がほとんど感じられなくなりました。 今日が水曜日ですが、商店街は明日休みです。和霊様は日に関係があって... 。何か祭りの趣旨自体が意識の中から離れているようでなりません。
 さて、商店街は旧矢野文林堂の後、そして拙宅の近所の木屋旅館で本日からへんてこりんなイヴェントが始まります。過去の良きものと現代のコラボなんて、不思議なものですね。実際とがマッチしない。それはなぜか?
 以前も記載しましたが、外様が主でやると地元で受け入れられないのです。おそらく来客者も外様が多いのではないか、と思います。
 木屋の前を通るとガクゼンとします。スタッフ側が宿泊でしょうか、玄関先に靴が脱ぎホウダイ。内情がわかるような気がしました。
 今日はニコンで行くことにします。微妙ですけどね。F2のモータードライブが主体になりますから、D-1はどういった設定で使うのか、S1proとは少 し使い勝手が違うので、これをどうするか、にかかってくるのではないでしょうか。短い時間ですが、もう一度マニュアルを読んでみたいと思います。
 で、上手く行ったのですが、微妙にS1proの方が好ましいような気分になってきました。アー、ニコンの当時の高級機ってこの程度のものだったのだろうか、となったしまいました。
 同時に満を持して持参したF2のモータードライブがおかしくなりました。どうしようもなくリワインドしたのですが、原因は何だったと思います?。ナン ト、接点不良起こしそうもないモードラのスイッチ部分でした。つまりシャッターボタンの端子が目に見えぬ錆びにおかされていたワケなんです。
 意外なところでミステイク。自然は怖いです
 恵美須町の交差点では松山の「ラスト20セント」のママさんに対面。お茶をごちになって、感謝。陽は強いのですが、風が少しあって、少々フワ〜っといった感じになったとき例の病がやってくるのです。水分補給は大切です。
 今年はここぞ、という牛鬼が少なく、何かあったのかな、とか感じます。それ以上に、大洲市のように鵜飼い、芋炊きの前にキャラバン隊が全国を回るのです から、この祭りのキャラバン隊が以前は回ってたはず。昨年は県の実施した「いやし博」に便乗でしたから、今年はゼニがなかったのでしょうか。前宣伝を願い たいものです。それには、今の公式ポスターは暗いです。以前の大迫力のポスターへ戻すべきです。
 もう一つ想い出しました、この日に合わしてやるような外様のイベントなんて止めてほしいです。木屋に用もないのに、客下ろしの車がそのまま止まる。牛鬼 が来る。すぐに大渋滞でしょ。この祭りを何だと思ってるのでしょうかね。一連の行事として、何やらバランスが取れない感じでした。
 走り込みは、ナント少ない参加団体。寂しくなってしまいました。御輿を送って、私の和霊様はオシマイ。残りは、酒道場の桟敷でテレビ観覧となり、御輿の 川入と花火のタイミングが大ズレの潮位でしたが、無事に笹登りも終了。また来年ですね。来年は火・水・木、商店街は木曜日に店を開けねばならず大変でしょ う。
 と、早くも来年を考えているのですけどね。

2013年7月23日(火)はれ
 警のふれあいコンサートから今日の宵宮が始まる。多くの方は昨日がメインイヴェントだから、今日はどうでもいいのだ。強いて言うと夜の花火がメインかもしれない。
 僕自身は、そんなことはない、と思いつつ、ブラスバンドのパレードに赴く。アッ、吉田高校がこない。コレで全てはオシマイだ。いくら城南中学校が今年から参加と言ったところで、数校合同のバンドでは上手く行くはずが無い。昨年までのK先生の努力は報われなかったようだ。
 実は、ここんなです。ここに、昨年までは吉田高校のバンドは入っていたのです。そのために、トランペット鼓隊の下手さ加減が中和できていたのです。「高校生になったら、こんなに違うのですよ!」という教育までできていたのですが、それもなくなってきました。
 本部前を隊列を変えずにスムースに入れたのは吉田小学校、明倫小学校だけ。後の2校は、曲の途中ではダメを見越して、本部前のかなり前で演奏を止めて駆け込む。こんなふざけた指導はバカげてます。我が母校の鶴島小学校も例に漏れず。どういった指導していたのでしょうか。
 私は鶴島小学校第2代の鼓笛隊の隊長です。初代は現市長です。私の時に鼓笛体は花開いた、といっても過言ではありません。他所の学校も教えに行きました しね。それがこのテイタラクです。私は、マーチングパレードって、詰めれば、児童達もやる気になる、という、一種のスポーツなんだ、と今でも感じてます。 小学校のグランドでは、結構満足に流すことが出来るのに、教員がストップさせて、実際の場を想像させない。それゆえ、かなりの距離を置いて... 。コレが現実でしょう。
 夕方からのうわじま踊りは、私自身ガクゼンとしてしまいました。本来なら1時間以上早く終わっている状況でした。正和会やすらぎの森までは、かなりのハ イペースで進んだのです。が、これ以降はダラダライなってしまいました。今年のガイヤのように、来年からは、かなり厳しい状況を組むべきではないか、と 思った次第です。
 表彰式も結構あったようですね。いまでこそ、チーム何とかがトップランクに来ます。私は祭りの管理関係に散々申し入れをしましたが、「役所はいわば市民 のそのもなのだから... 」と随分やあれました。祭りの参加は個人レベルです。「警備」関係以外は仕事を休んでまで出場しているのです。そこを考慮してほしいですし、表彰は昨日の Gaiya同様に裏があるように感じます。多くは申しませんが、踊りのコンセプトをハッキリ出しているかどうかから始まって、内容云々に至るのが本筋では ないか、反省点はものすごくあったように感じました。
 今日まで、キャノンのEOS-1Dを多用しました。なかなかの実力機です。人様へ見せびらかすのも一興です。わずかに汚れたストラップなど、ツウは見ると、トンデモナイ奴が保持している。あいつは... 、と数人の目を感じました。
 でも、これって、そのものですよね。安いデジタル一眼をその特性を把握して使用している人が何人いらっしゃるのでしょうか。私は、ファインダーを覗いてシャッターを切るカメラの存在を、フィルム時代に戻って使用する必要があるのではないかな、と思ったところです。
 さて、明日はF-2のモータードライブを持って行きましょうかね。

2013年7月22日(月)はれ
 Gaiyaの1日、始まりは山小うどんからでした。久々に澄子さんがよそおってくれました。茹であげはモチ私。難しいのですよ時間が。今の時期はね、麺の硬さと食べ頃の時間が。
 さて、とうとうダウン。昨日の今日ですから、9時から1時間ほど眠ってしまいました。東、南校ともに負けました。特に今西は昨年の甲子園が相当に身に染みているようです。ま、松商もあの程度であった、ということでしょうか。
 昼食はキムラの親子丼にしました。本当はあれにしようかと思ったのですが、どうも亥が受け付けません。1日中冷房完備の部屋では、日頃汗だくで過ごしている身ですから対応が不十分。致し方ありません。
 それから、子どものGaiya、何でこれかた太鼓の演奏がここへ来るのでしょうか。コレから伸びる子供たちなんですから、以下にお祭りといえども御法度、と私は思うのですが、私が間違っているでしょうか。
 数ショットシャッターを切って、おしまい。モニターを見るまでもありません。いけてますから。それぐらいカメラを信頼してほしいと思います。ワンショッ トごとにモニターで確認していては、いいシーンなんて撮れません。加えて、付き添いの家族のビデオカメラマンの傍若無人ぶりには開いた口がふさがりませ ん。ビデオ撮りながら私に後ろ向きで当たってくる人など、恐れ入ります。
 もちろん、デレゲーションの終わり頃はカメラ構えている人の前に割り込むのでは無く、平気で入り込んで来る者も居ますから、腕章着けていればどなってやろうか、とも思うシーンでしたが、冷ややかな私は、それをニヤニヤしてみてました。
 お一人だけタブレットのカメラを使用していらっしゃる方がいました。私嬉しかったです。本を読むような調子で、いい位置で撮影できるので、無視できない のですね。動画機能がついていれば、これで流し撮りが撮れます。数年前のシャープの出していたビデオカメラを想い出しました。あのビデオなら割り込みなど できっこないと思うのです。 

2013年7月21日()はれ
 票立会人の仕事を終えて、先ほど帰ってきましたが、愛媛選挙区では井原氏の当確がでています。おかしなことですが、投票者がショウジキですから出口調査で「イハラに入れました」って言ったのでしょうね。その調査がデータ化されてますので、まず間違うことはありません。
 ま、選挙のことは次の一つを申し上げて止めにします。それは9時半前に東京選挙区で当確をやった山本候補の弁です。古い話で申し訳ありませんが、狙いは 違うものの、友近候補が当選をした選挙戦と同じことをしていたように感じます。スポンサーが撤退し、自民党を主とした政策に真っ向から挑む形になったので すからね。山本氏はこのまま務所蔵であろうかと感じますが、友近は民主党に転がり、最後は生活の党の小沢に転んだ。結果は推して知るべし。民主党を離党し ても、参議院で頑張ってほしかった、というところでしょう。民主党に振り回された結果になってしまったのでしょう。政党政治家もしれませんが、友近のやり 方が良かったのかどうか、私には分かりません。自分自身を主として国民の声を聞いていた頃を想い出すと、友近のやったことは大失敗であった、と言わざるを 得ません。彼の後援会はストップ状態ですから、HPも何も更新がありません。
 山本候補はタレント活動も制限を受けざるを得ない中での政治活動であったのですから、国会議員になってもこのペースを守ってほしいと思うところです。
 現在午後10時前、この時点で「永江さん」を愛媛選挙区に出していたらどうなっていたでしょう。細野君に奈落の底に落とされたような気分を味わったにも かかわらず、民主党党員として頑張っていらっしゃる。本当に民主党本部はサポートしているのでしょうか。連合愛媛のゼニが無いのかしら、無所属では出せな かった。何とも情けない、と思います。連合愛媛は民主党と差し違えても永江を押すべきであったのではないか、と感じています。藤岡候補が、明日未明に得票 率で当選、とは少々望めません。となると、細野他幹部のミスであろうことは紛れもない事実です。それでも、民主党で頑張る永江さんは、相当評価されるべき ではないか!、と感じております。
 次回選挙で、どういった選挙でどう闘って当選を確実にし、議員活動をやるか、今から十分に考えていただきたい、と思います。彼女は立ち回りが愚直です。 お疲れモードも、わからない点も多々あるだろうと思います。それでも支持し続ける、というのが民主党員の役目ではないか、と考えます。組織の云々に左右さ れると、今回のような憂き目を見ます。今後は民主党で行くのかどうかを含めて、永江さん個人の考え方も十分に出して来たる何かの選挙へ出馬されるよう願い たいものです。
 安倍君が開票途中でウダウダ言ってますが、間もなく考えをあらためざるを得ない状況になってく料な気がします。すでに、国民一人あたり700万円を超え る借金財政なのですし、その上増税をやろうとしているのですからね。思い通りになんていきゃしない、というのが私の考え方です。
 さて、こんなことは今日までのこととして、明日からの3日間、ことに23、24日は山家清兵衛候のお祭りですからね。和霊様へ全員集合、とイキマショウ。

2013年7月20日()はれ
 いたくはありませんが、昨日の胸騒ぎの一員は選仏寺の閑栖さんの死亡通知でした。その葬儀が本日お寺さんでありました。昨日まで確認のため見ていたトンイの世代交代のような気がしてなりません。
 腹具合が悪いわけではないのですが、トイレへ3回も行きました。下しているわけではないのです。最近は麺の食事が多くなりました。そのため、消化が良すぎるのではないか、とも思われます。誰かが言いましたが「麺ばかり食べてるとダラリ〜となって力が入りませんね」と。
 が、もう一つ、日本人は一汁一菜のように、主食の米を中心に2〜3種類の副食がつくのが食餌であろうとおもいます。それが1日3食の食事でしょう。
 あまり情報では出ませんが、日本人メジャーリーガーの大半が、メシが無くても全体の食餌があれば、それが食事。たとえば、シリアルとそれにかける牛乳。 これだけで朝食。これでいいわけです。昼はコース料理じゃ無いのでハンバーガーとポテト。夜はメインディッシュの肉とポテトにサラダ。こういった調子です ね。これで力が出るかどうか。これをワイワイガヤガヤやる欧米ですから、十分時間をかけて食べられる。日本人の感覚ではガツガツ気味に腹に収めることに集 中するから、あっという間に終わる。で、物足りない。こういった食餌内容の違いがあるわけだろうと思います。もちろん、予想ですが。
 さて、明日は参議院議員選挙です。自民党の圧勝でしょう。本当にこれでいいのかどうか。国の政治を立候補者に任せて大丈夫か?。この単純なことを最近忘れているのでは無いか、と感じて来始めます。
 この中には居ない、ならどうするか。一方、此奴はダメだが、この政党にはいいヤツが居るのでコイツを当選させたい、とした場合、投票に行くかどうか?
 私は行くべきであろうと思います。此奴に入れたくないのに、オカシイじゃないか?。確かに。しかし、この政党のコイツを通したい、これも出来るわけですからね。投票に行かなければ、これすら出来ない。アナタの1票で当落が決まる場合があるわけです。
 私は、選挙に行け行けばかり言ってるのではなく、どういった場合はどうなる、をもっと国民に知らせなきゃ、と思うのです。で、元に戻って「何のための選挙か」をもう一度考えていただきたいものだ、と思うのです。
 夜は、妻が何も作ってくれないのでゲルマンにしました。「悪い嫁だ」はないのです。彼女の働いていますから、火の如の時間も大切にしなければなりませ ん。その間私が夕食を... 、となりそうですが、私の味は彼女には不向きの様子あので、致し方なく、私自身の自炊としております。そういったことを頭に入れておいていただきたい、と 思います。決して悪嫁ではありませんのでね。
 で、ゲルマンの後、そう、今日夜市でしたね。そんなの関係なく新橋センターへ。そこで、明日の朝食の買い出しをして帰宅します。
 今年はツライですね。だってそうでしょ、今日は夜市でGaiyaの練習が出来ないのです。夜市など無視してでもGaiyaの練習、これが出場チームの気分ではないでしょうか。
 もし私がチームの総帥であったなら、「思いっきり夜市を楽しめ」でしょうね。微妙なところですが、今の指導者は当日はダメかもしれないを念頭にしてでも、夜市に行かせるのではないでしょうか。
 決してバカ言っているのではありません。今日の松山商業と宇和島東の一線、昨夜酒道場のマスターに問うてみました。答えは予想では考えられない一言「ドッチモ似たり寄ったりのチームだから」でした。
 いかがですが、今日もそのとおりでしたでしょう。最後の東高の一発で決したのですが、延長10回の表があればどうでしょうか。1イニング3アウト、9回 戦。これが基本です。その中でどう闘うか、これが現実です。明日の新聞にどういった見出しになるかわかりませんが、この基本線は超えてはいけないと思い ます。
 それが事実なのですが、そう思えばまさにこの試合はそのとおりではないか、と思うのです。そして、私の嫌な「3年生はこれでオシマイ」、と言う言葉です。松 商ナインの中で3年生がどれだけ居るかは知りません。放送で「松商の夏は終わりました」と言えば、これはチームの冒涜になります。
 もちろん、放送では一言も無かったのですが、私は松商は来年来ると思います。今の監督なら、全く違う方法で来そうな気がします。が、県教委は「監督を移 動する」考えがあるのかもしれなせん。となると、私学が出来て県立高が出来ない、というくだらない問題が再び浮上するのではないか、とも感じるところで す。

2013年7月19日(金)はれ
 、4時半言いよう のないものを感じて、思いつくままに自転車で出かけます。走りながら、あれって何だったのだろう、昼間の月の出の昨日から何かありそうだったから。自然に 足の向く方向とは違う方向へ走らせていることがオカシイのですが、早暁のときでもあり、築地の灯台へ向かいます。
 フト中学3年生の初冬を想い出したのです。あの頃、5人ほどが自転車で灯台まで走ってました。なぜ集まったのだろうか、途中から参加した私には真意はわからないままでした。
 集まって何をするわけでもありません。来たるべき高校入試のことを含め、間近に迫っている進路のことなどが、中学生の両肩にずしりと掛かっていたように も感じます。今振り返ると、数か月後、あの彼女は地元では難しいことを覚って松山の市立高校へ行くことにしました、我々はM校、かれはH校へそれぞれ進学 しました。猛烈に親が我を通して受験に失敗子も出ました。9教科で逃れようがなかったのです。
 合格発表は卒業式前で受験番号と名前が一斉に張り出されるのです。もうお判りのとおり、受験に失敗した子はいくら心臓が強くても、たった1人なのですか ら、卒業式に出られるわけがない。クラスメートは一切口に出さずでした。もちろん、その中の一人が私であることは... 。
 ブログはこの辺で止めました。どうして先生の言うことに逆らったのだろうか。今となっては不明です。後日、先生から... 、止めましょう。こういった、高校生活前の試練のようなものを乗り越えて生きてきた15の春、今のような悠長なものではなかったのです。市内にいると一 生、このことは付いてまわる。悪いことうぃているワケでもないのに... 。
 そんなことを想い出しながらの早暁の一時でした。帰宅すると、新聞紙上である方の訃報を知りました。今朝の一件はこのことであったのか、と改めて思い起こした次第です。
 今日から夏休みに入るところが大半であろうと思います。今の私には毎日がお休みです(^_^;)。とはいえ、ノンベンダラリではないのです。午前中から ある団体の関係で電話がありますし、明後日は選挙で1日中缶詰状態になります。今夜は寄りがあります。その後に晩飯にするか、飲みにするか、踏ん切りがつ きません。
 明後日のことまで、ファイルにして万遺漏のないようにしておく、こういったことは過去36年もの間やってきたわけですから、おいそれと「ま、いいか」の気分にはなりません。本当に自分自身で払拭したいのですが、それが出来ません。
 発文番号、発文日付を右端の上部に配置し、2〜3行開けて左から3文字ほど空けて宛先。殿は使わず様でやること。再び2〜3行開けて右側に発信者を記 載。所属のトップから3文字開けて官職と名前を記載。2〜3行開けて中央にお題目、と体裁を整えて、時候のあいさつからはじまって、「さて」で本題。「つ きましては」で要求。「なお」とこまかなことを記載した後、中央に「記」としるして、箇条書きに用件を... 、と嫌でも自然に流れが今でもすらすら出てくる。本当に嫌なものです。
 あ、すまん、これとこれお願いします... 。それじゃよろしく、とはとても言えない。言うくらいなら自分で出向いて何とかしたいし、いつもそうしている。本当にオカシイほどなのです。

2013年7月18日(木)はれ
 いもので、木曜日 になりました。ここ2〜3日部屋の中ばかりに閉じこもっております。モチ、移動はしますよ。缶コーヒーとか第3のビールを買いにね。そうした中、おもしろ いことを発見します。つまりですね、私の持ち物の中に、あまり使わないものが結構あることです。もちろん、耐久消費材ですよ。それらを処分すると、かなり ラクチンになるものと思います。
 ラクチンとはなにか。たとえばカメラ、ニコンFが2台、F2が2台ございます。いつもながら、その辺に放置しています。2回の我が部屋は乾燥状態が自然 でカビの発生を見ません。シリカゲルの乾燥剤さえ、回復します。現在、この4台のニコンを、全てはデジタルになりつつあるのだから... 、として全て売る、とするとどうでしょうか。
 タダではないのは当然です。したがって、そこそこの価格でゼニが入ってくる。いつもながら、「ある物が急に無くなる」という事実、それが売却した、ということから落胆が相当長期に及ぶように思います。このわかりきったことに対して訳ワカランようになってしまうのです。
 で、1台のFはショップとのおつきあいの始まり、もう一台のFは信じられないくらいの価格(廉価)でゲットしたブラック。1台のF2は愛媛カメラのスペ シャルモデル、そしてもう1台のF2は初の自治体ネット公売でゲットしたもの、いずれも50mmf-2のレンズが装着されています。
 単純にこれだけですが、いずれも中古ですから、元のオーナーがどういった方であるかは不明です。公売品は倒産したグラフィック企業であったかもしれませ ん。そういった物が故あって私の手元に来たのですから、部屋の中で放置状態であっても、埃を払いのけフィルムを入れれば常に使用できる状態にしておりま す。
 4台も同じようなものが必要か?、になりますが、形こそ同じようですが、全てが違う種類なんです。Fは色違い、F2は色違い、ファインダーの違い、モー タードライブ、と事細かく違うのです。デジカメと違って、モータードライブのF2だとフィルムは36枚、秒間2〜3コマ撮影ですから、あっという間にフィ ルムがなくなります。そのため、レンズ交換を含めて、通常は2台の同じカメラが必要になるワケなんです。今のデジタル一眼レフならおそらく1台でこと住み ます。メモリーGBあたりフィルム36枚以上撮影可能ですから。
 話が飛びましたが、それでも売れない、と言い張るのは、ニコンだからでしょ。デジタル一眼レフはどうしてキャノンか、それも最初のEOS-1D。まさしくニコンFの時と同じなんです。
 今でもかなりのモノです。これぐらいでないと、私の使用にカメラが音を上げそうなんです。それと製品の形状の普遍的なところ。これらが混然一体となってカメラが来た時から歩み始めているわけですね。
 他の品々はどうかというと似たり寄ったりです。オートバイは数台を売却しました。熱望の気分がなくなったとき、次に売却の時は私に、と念書を着けての売 却でしたが、GX-750を除いて、その全てはこの世に残っていないのではないか、と思われます。ある1台など無残な姿で対面したときは涙したことがあり ます。昔の武士のように、早く楽にしてあげたい(ツブシ)、と思ったりもしました。
 以来、捨ててもイイから、としてタダでお譲りしたものを除いて、余程のことがないと売却はしない、と決めました。そうするためには、余程のこと、あるいは余程の物でないと購入しない、ということにしております。
 私、楽しみの世界となると、こういったことが往々にして起きるのではないか、と思っております。オーディオ製品にしてもそうであろうと思います。売却し たラックスキットは真にそのものでした。これを持っていても後々まで持たない(使い続けられない)、と思ったからです。当然、心を鬼にしてです。また、市 内を遠く離れた方にお譲りしました。A505など、外人さんに当方の改造理由をつけて、それでもOKだから、という理由でです。
 それらの売却の要因はウエスギアンプからでした。このアンプのお輿入れの時は凄まじいことでした。故 上杉先生のやろうとして製品化したこと、モデルチェンジは生産終了時。真空管は完全補償。真にそのとおりでありました。
 上杉先生からは多くのものを教えていただきました。もちろん手紙での通信でしたが。
 と、このようなことがあって、どうしても今の耐久消費材の売却は出来ないのです。そのため、いつも手元にある。捨てることが出来ない、という、まことに身勝手ではありますが、この状態は身体の一部が動かなくなるまで続くのではないか、とおもってしまうのです。
 つまらないことを申しました。キカイに命が宿る的な見方かもしれません。しかし、事実です。旧型モデルで、今のモデルをやっつけるてきなことも随分とやりましたし、ね。
 そうそう、スタジオ・ジブリの堀越二郎を題材にした一文をこの間したためました。今日の愛媛新聞紙上には異例に立花氏の一文も併記されていました。それ を読みつつ、一瞬アッ!、と私の思いと重ね合わせてみたのです。まさに、そのとおりですね。零式艦上戦闘機はそんなに優れた戦闘機ではない。所詮は戦いの 兵器だ、って。
 しかし、20mm機関砲、7.7mm機銃をブッ放なさない限りは、絶対に当時の世界最高峰の戦闘機である、といえます。私はおそらく劇場で鑑賞すること はないと思います。DVDになれば交遊してもイイかな、と思いますし、一人で涙しながら鑑賞することになるのではないか、と思います。

2013年7月17日(水)はれ
 時過ぎ、ヒンヤリ した夜気がやってきます。妻はゴソゴソ動き始めました。早々朝勤務かもしれません。私は二度寝入り。気付けば7時半。いつものパターンです。気持ちです。 気分の持ちようですな。仕事をしているときは「今日は... 」と頭の中に色々なものが浮かんで、目が冴え渡る。実際はダラ〜ットした1日で終わってしまう。朝の貴重な時間は何だったのか?、と。
 ところが、今はそんなこと二の次で、さえれば起きる。日中眠くなれば食事を除いて寝る。の生活ですが、ホントにノンベンダラリでしょうか?。私は違うと 思います。先の言葉を次のようにしていただければ、よく解るのではないでしょうか。「さえれば起きるコトガデキル。」「..... 除いて寝るコトガデキル。」こういった余裕が一切ない生活を長期にわたってやっていると、おそらくクタバッテしまう、と思います。
 最近は記載しなくなりましたが、公務員など単一労働ばかりやっていると、退職後にあちらの世界へ行かれる方が多いのではないか、とも感じるのです。ブータン王国のように暮らしの豊かさからすると、日本は貧しい国かもしれません。
 松山大学に期日前投票所が設けられました。「学生達が... 」とか「初めて来ました」とか。お前、今まで選挙へ行かなかったのか?。私の独断ですが、大学生になっても「国の政治などどうなってもかまわないや」でし かないのでしょう。大人じみた子どもであろうと思います。とりもなおさず、政治活動を著しく制限された時代の高校生が今の高校の先生になって高校生を教え る時代ですから、どうしようもありません。こんなこと考えると、経済重視の安倍君のやり方は破綻が来るだろうし、カリスマ政治家など出そうもないので、こ のままズルズル後退して、貧富の差が酷くなり、働けども働けども暮らし楽にならず!の世界が続くのでしょう。もっとも、選挙区選挙の現実は井原候補断然優 位との新聞報道の通り、自民党の信任投票でしょうな。
 所用で役所へ出向きます。ま、問題はあるのですが、以前も記載したとおり、ここならディスペンサーが一か所にあるので便利なのです。それ故のこと。
 外へ出ると、SR400のアニバーサリーモデルが止まってました。異常に綺麗ですが、通常の仕様と同じですし、作り慣れた車両ですから、ヤマハもラクチンなんでしょう。が、車両は相当に苦しそうです。距離計からしたら6月末ぐらいに下ろされたのかもしれません。
 現在の環境規定に合わせた車両で、なおかつ、インジェクションの吸入に相応しく、薄い混合気に火を着けて完全燃焼させる方法です。加えてSR500より 高圧縮な400ですから、三重構造のエキパイのエキゾーストパイプ取り付け部と、最初にサブチャンバーに導かれるマフラーの取り付け部は、脈圧の関係で火 が流れていることから、黄変しているのです。このことから、熱的にものすごく苦しい中で走らせていることがよく解ります。
 とくに、慣らし運転などせずにカブ並に使い始めると、その車両の終演は比較的早いでしょう。この車両は、クランクケース下のオイルパンのストレーナーは掃除されていないかもしれません。微妙に、綺麗なのに可哀想な気分になってしまいました。

2013年7月16日(火)はれ
 風邪の引きかけです。思い切って鼻毛の長いのをカットしましたが、やはり、夜の気温が微妙です。昨夜は比較的風があって安堵したのですが、明け方の少しばかりの寒さにタオルケットを掛け替えした次第。これで何とか鼻風邪を回避できたようですが、まだ、安心できません。
 私のクセでもあり、風邪引き手前のインジケーターでもあるのですが、いわゆる「ハナクソ」が異常に溜まるのです。それを取るために指を盛んに突っ込むよ うになる。とすると、風邪引きの前兆というわけです。今回は、これが鼻毛の長いのをカットしたためのムズムズが、風邪引きの前兆でのことか不明確なため、 安心できないのです。
 そういったことと併せて、今日も日差しの方が強く、湿気が少ない日中で助かりました。まずは、一宮様へ夏祭り(輪ぬけ)の花火の賛助金を納めに宇和津彦神社へ。その足で固定資産税の第2期を収めに出向きます。ついでに各銀行のディスペンサーで通帳記帳をやってオシマイ。
 役所の売店で、同級生に会います。そのとき、先日の寄りに対して言い出しっぺの私が欠席云々... 、ということを聞き、言葉からすると相手にはそう受け取られるのかな〜、と少々考えてしまいました。言い出した最初は「久しぶりに一杯やりたいな〜」と いったY氏であって、その意向を私がK氏に告げた。その後、同氏が前々からやりたい店、ということで場所が決定。店と費用を、Y氏に伝えてくれ、とのこ と。
 で、Y氏へご都合を問うと選挙事務でダメ、とのこと。私もどうも気が向かないこと、そのため欠席する旨を10日にK氏へ通知した、が流れです。で、私 は、Y氏へ都合はどうか、で電話して、その結果を報告しただけだったのですが、思わぬことで、こういったことになるものですね。やりきれません。
 同じく今日も固定資産税の納付ついでに元の職場へあいさつに行くと平成9年当時のことを聞かれる。私の憶えている限りでは単年度減価率を0.97に統一 して評価替をやる、これで楽になったぞ、ということしか覚えがありません。問うてきた人も同じ仕事してたでしょ、となるのですが、少し尋問めいてしまって いる気がして、もう退職した身ですから... 何とも言えません。
 気を取り直して、家に帰ったのですが、何か妙な気分が収まりません。この際です、トンイを5話ほど見ていました。日本のレベルでは稚拙な長編連続ドラマ の内容ですが、どうして心を打つのでしょうか。しばし考えていたのですが、映像の処理はデジタルでしょうが、微妙にアナログの画像に近く、ボケなど日本の ドラマでは今では使わない状況が一杯出てきます。なんというのか、映画で連続ドラマを見ているような気分なんですね。音響は見事ですよ。ヘッドフォンと字 幕で見ているのですが、なかなかのものです。国内のテレビドラマが失った豊かで破綻のない音が包みます。台詞の中に音楽が入るのは多くない、と思います。 愛のシーンではこれ、思い出のシーンではこれ、と曲は決まっていますが、人物が中心のドラマですから、人物を大きく撮影する、何か日本人が忘れたような手 法で撮って、そのバックに折々の曲を挿入している、といった次第です。
 したがって、韓国でも日本人が作ったような連続ドラマは回数が少なくてエンドとなっているように感じますね。アマチュアの感想だけですが。
 もうわずかに午前中の影が長く、午後の日差しが弱まれば、オートバイに触れるのですが、いまは手出しが出来ません。夕方でもやろうかな、と思うのです が、路面の温度は午後9寺以降までぐらいにならないと落ち着きません。地道がない都市部ですから、どうしようもありません。

2013年7月15日()はれ
 朝の愛媛新聞のあ る記事を見て読んで「アゼン」としてしまいました。同時に、自由におやりなさい。ただし、その後の状況がどうなるのかを、しっかり考えなさい、と私は心の 中で呟きました。木屋の今は、どうなっているのか?。当事者の一人が今回加わっていらっしゃる。見事に... 、が通常でしょ。それを知ったら、どう掘り起こすか自らの方針が違ってたなのか?、など、自問自答されたのか?
 と、私はフト考えました。有名なコンクリート建築家の安藤さん、氏がどこかの街のお寺を再興する際、地元のご意向、檀家のご意向を問うために幾度となく その地を訪れ、最後の最後、斬新的なお寺の完成イメージスケッチを持って説明する。最終段で気分は沈み気味であったけれども、完成後からしばらくして、妙 に心の中に入って、よかったな〜、となる。この一連のドキュメンタリーを見たことがあります。
 木屋旅館は指定管理者制度で運営されているから、一部違う面もありますが、このようなことがなかった。前のオーナーのHさんが存命であったなら、こういったことは避けていただきたい、とおっしゃるだろうと思うのです。
 すでに改築なったが、一向に客足が伸びない。おそらく、最初のプロジェクト(http: //gqjapan.jp/2012/06/18/uwajima/3/)の時とはまるで違った状況でしょう。経営主体の「合同会社 きさいや宇和島」という存在そのものが問われるのではないでしょうか。料金が信じられないほど高価。これでは... 、と誰が考えてもわかりそうなこと。現在のオーナー会社の親会社は松山、バカげてます。これこそ地元軽視ではないでしょうか。
 しかも今回のイヴェント期間中、木屋旅館へ入るだけで500円も取られる。500円あればコンビニで弁当が買えておつりが来る。入ったはいいが、昔の木 屋旅館はそこにない。と、こういった状況です。直島の再来を陸地では無理でしょう。私の予想が的中しないように願うばかりです。
 お暇なら来てよね、私寂しいわ、と歌の一節のような感じがしてきた1日でした。マジ、私のメールに30件ほどくだらないメールが到着します。中には厳し いセキュリティーなら蹴られる物もありますが、私はOKとしています。もちろん、基本サイトは無視してますので、内容は文章だけです。
 これらを、全てゴミ箱へ移動してcommand+Aで選択し、全て排除するのはいうまでもありません。Windowsのユーザーで一番の失敗はこの「ゴ ミ箱」でしょうね。Windowsのゴミ箱のアイコンの増え方が小さいのですよ。そのためかしら、「ゴミ箱に捨てた」で終わっている方が非常に多い。少ないメモリーで稼働しているXPなどさえたるものです。お気を付けアソバセ。

2013年7月14日()はれ
 近夜が早く、すぐ に眠ってしまいます。腹を冷やしすぎかもしれませんがどうも下痢気味です。母が言ってましたが、「ヤクルトを飲むとぴたりと止まる」らしいのですが、実験 をやっていません。フト、民放の番組でアメリカ在住の古い絵画の修復師を見ていました。かなり安いですね。でも、情熱がそれを動かすのでしょうね。
 私、突くようですけど、気候の違い、水の違いなどから、実際はもっと違う、というか厳しいものがあったのではないか、と想像します。何か考え方の違いと いうか、アメリカンは、いざとなったら一縷の望みを求めて物を物として活かす考えは今の日本人には消えた部分のような気がします。
 高校野球を見させてもらってますが、勝負関係なく「甲子園で勝てるかな〜?」という思いが常に頭の中にあります。イニングが進むに従って慣れてきますが、たとえば、楽天のマー君と日本ハムのハンカチ王子が高校生時代のことを想い出しますと、もう少し「大きかった」ように感じます。いわゆる野球バカのメンバーであることは言うまでもありませんが、それでも、大人の野球という職業人で毎日を過ごしていることと思います。
 今日愛媛のテレビジョンの中に見る選手諸君の5年後はどうなっているのか、私は、どうも何か割り切れないものを感じます。そう、年寄りが考えることなので、と思われますが、意外や意外、これまでの経験からすると実のところ「当り」の方が強い、と思ってしまいます。
 ふと、ヤラシイ見方ですが、プロ選手の動きなどを見ていると、仮に高校球児も野球教室などで「その実や、相手を見抜く力、チームの中での自分、体力作 り」などを直接教えてもらえるなら、どんなにか身につくのではないか、と思ってしまいます。こんなのは座学でいいのです。済美の上甲監督、安楽君にあれだ け投げさせても、意志が異常を見抜けなかったらOK、というバカげたことが起きるのです。
 高野連のトップ、奥島君にも文句を言いたい。体罰云々で高野連の優位性を誇示しているようですが、私はそうは思わない。アンタが早稲田の総長時代を思い出してほしい。今の立場は微妙に違うだろう?
 私、思い切って改革しないと、今夏の大会は大変なことになりそうでならないのです。
 そして、今後のこととして、
 この2点ぐらいを考慮するよう申し入れたい。
 今年、済美が出場して130球以上を投げる日が連投になった場合で、投手の交代をしなかった場合、たとえ、試合に勝っても、僕は監督が責められる、と確信する。
 これで、体罰がない、無理な練習ばかりを強要する、監督がチームの総帥などのことが日常茶飯事の高校野球界の実態は暴かれると思うのですけどね。とかく、影の部分は夏の陽の下、表面には出ませんから。

2013年7月13日()はれ
 夜は不快指数たっぷり(?)の状態、午前1時頃のニュースだったでしょうか、「ク・オッキ(具玉姫)さんが静岡県の自宅で死去」というアナウンスがありました。ゴルフをやらない私が、寝ぼけ眼で名前を気にしているのですから... 。 
 ク・オッキ、一瞬思い出せなかったのですが、目を瞑っているウチに、あ、そうそう、日本女子ゴルフ界に韓国からやってきて、ジワリ〜っと上位ににじり上 がって、各大会でトップ争いにいつも絡んでくる人だったな〜、と想い出しました。ホントに憎たらしいほど絡んできて、日本人が脱落する。小憎らしいほどで したね。
 そういえば、台湾のト・アギョク(涂阿玉)さん、男子ではチン・シメイ(陳志明)さんなど強かったけど、今はどうされてるでしょうね。ク・オッキさんのご冥福をお祈りいたします。
 今日から夏の甲子園を目指して、愛媛県大会が開催されます。私、県大会の開会式を見たのは今年が初めてです。これまで番組で編成されていなければ別です が。音響が凄く下手です。君が代斉唱はよかったのですが、マイクがONになっていなく、2回ほどカラオケやってしまったため、曲の最初のウチは音程が外れ てしまいました。
 私、おもしろいところに着目して選手の後進を見てました。女子メンバーがプラカード持っているところが主ですが、どの子も内股で行進していました。その 中で2〜3人ほど外股の子が居ました。この内股で歩くことを少しでも防ぐ方法はヘソの鉛直線上にヒザを持ち上げるように歩けばよろしい。そう、ちょうどモ デルやキャビンアテンダントが歩く方法ですね。しかし、根本は骨格の違いからかしら、修正は不能です。
 なぜ、こんなところに着目して、ヘンなの?、と言われるでしょう。このことを、陸上競技に当てはめていただければどうなるか解ると思います。日本の女子 が勝てないのは、これが原因の一つではないか、と思っているのですがどうでしょう。これに較べて、外人の女子選手の大半は爪先が外へ向いているのではない でしょうか。「内股では地面を蹴るときの最終で力が外へ逃げてしまう」と私は考えるのですがいかがでしょうか。
 それにしても、愛媛の選手宣誓は旧態依然ですね。体罰がないなんて嘘に近い。私の思いだけですが、どこが甲子園へ行っても、負け続けるのではないでしょうか。昨年の今治、21三振でしたよね。ワースト記録で1回戦敗退でした。
 さて、今日は同級生の集まりがあったはずですが、私は遠慮しました。どうにも行く「気分」にならなかったのです。オカシイかもしれませんが、久しぶりの コトです。とやかくは申しませんが「気分」が最初から乗らない場へ敢えて行くことは、今の年齢では、相手に迷惑になる気がしてならないですし、自分も辛い 思いをすることにになりそうなのです。ま、それ故のことです。もう少しすると、ますます酷くなる可能性が無きにしも非ず、という気はしないでもありませ ん。しかし、定年を迎えてもまだ働いている人と、今の私の身分では、自ずと溝は出来るものと考えています。
 そういったとき、ライムハウスからレコードが届きました。一部はブログにしたためました。私はこれでいいかな、と思います。流石にメンバーの2人も他界 した過去のミュージックグループを神格化してはなりません。おそらく、先年のリマスター分が、これからのThe Beatlesの音楽であろうと思います。手軽なCD、でも各々の国で音が違う。アナログディスクしかり。でも、各々はモノホンです。
 これを、かつて世界統一と称してCD化されたときの、今となっては化石のような気がする「ステレオ→モノラル」としたA Hard Day's Nightのようなものも、私たちの年代以降のものには過去のこととして受け入れられないことであろうと思います。
 何がモノホンなのか?。それは、彼らと同じ時代に生きた私たちでなければ、例え断片でも、その状況を口にしたり言葉で綴ったりは出来ない、と思うので す。今の若い人が論評するのは簡単です。資料は腐るほどあります。その「論評」がリアルタイムで生きた方々の琴線に触れるかどうか、ここに尽きると思うの です。もしそうであれば、その論評をした人はOKでありましょう。おそらく、そこまで行かないと思います。そんなことはない!。確かに。でも人の心には入 れないし、あの頃はね... 、と言ったところで、その方は幼少かこの世に生まれていない、という世界ですから。
 このことを無視して、今は歴史が製作されているように思えます。第二次大戦中のことは特にそう感じます。スタジオ・ジブリが堀越二郎さんをモデルにアニ メの大作をリリースされる。現在書店には彼の設計代表作「零戦」を題材にした雑誌が多く出ています。何ともつまらないことです。アニメに出る架空の飛行 機。よく考えると、お隣の八幡浜は二宮忠八翁の飛行機に近い。こういったことをやるかやらないか、もしかして零戦を超える... 、は私たち戦後生まれの考え方かもしれません。
 不沈艦大和をして、「浮かんでいるものはいつかは沈められる」との言葉を源田さんは吐いたらしい。沖縄戦で事実化してしまいました。もし、ということがあり得ない世界でのこと。アニメはアニメで止めておきたい、と私は感じます。

2013年7月12日(金)はれ
 風機から埃を払い 取り、樹脂製のワクを天値のみ(実は可塑剤が無くなり自然崩壊中)残して丸坊主。この辺が廉価版とメーカー品の差がつくのですね。モーターはAC、ファン はおそらく規格統一樹脂ですから、当面は大丈夫。で、外を見ると昨日と同じ状況。朝からオキシダント濃度測定状の模様。出ていくとヤバイ、と即座に判断し ました。
 その判断は正しかったように感じます。次は腹下し... 。どんどんヒャララドンヒャララ〜、であります。いえ、おかしいことは無いのです。つまりですね、私お医者では無いので何とも言えませんが、内蔵のバラン スが悪くなっている、その外側の神経網が連携せずにいる、とこういったことでしょうか。こんな病名はあるかどうか不明ですが、自律神経麻痺状態であったよ うに感じます。
 夕方4時以降の天候がいつもの通りに戻ってきたので、思い切って徒歩で本町追手1丁目の更地を写しに出かけました。アー、ここにアーいった家があって... 、と思い起こしつつ、不思議な光景を見ていました。
 どうでしょうか、どうして1段低い位置に全ての土台があるのでしょうか。いわゆる道路尾シケイン部分を頂点に登りになっているのですが、当時の巧みはそ こから上を削ることにより平地化したんだな〜、と思った次第です。ここにはコンビニが建築されるそうですが、異常にかさ上げしなければならなくなるのでは ないか、と思われるのですが... 。
 帰宅して、お隣のツーさんと、水まきはもう少ししてからだな〜、と話をしていていました。すでに、身体中から汗が出始めました。もう一つの隣のNさんが 綺麗に草刈りできた例の追手門の礎石部分、これの一部を囲っているのですが、「井戸」とされているのにはガックリです。市の方へは「石垣の土台部分をこの ままにしておくのか?」と問うて久しいのですが、土地は未だに個人所有のままですから、いかが相成りますやら。いつもながら、文化の花は咲かない宇和島市 の貧しいところです。この程度のゼニがないとはとても思えないのですけどね。もっと言わしていただければ、昭和52年まで、追手門は文化庁へ「存在してい ます」となっていたのですから。
 石橋市長が本腰上げてやるのなら、所の一画を買い取ってしまえばよろしいのではないか、と感じるのですが、なかなか難しいでしょうね。
 長さ0.985X12の総計11.82mの横幅と0.985X4の4.94mの広さの追手門をこの地に再構築するぐらいの考え出ないとなりませんね。強いて言うと、香川の丸亀城、そこへ入るあの門と同じようなものがここにあったのですから。
 で、途中issyouさんに遇い、「8時からのNHKテレビを見ろよ」と言われる。ン?!、あ、ここでは普通の大介のうどんとソバのあの番組だな、おそ らく山芋か、と思ったのですが、蓋を開けると「四国謎解き行脚」の番組でした。あまりに○○の職員ばかりで訳知りには少々... ね。
 大介では結構やってる。とはいえ、そばのつなぎの割合が多いから出来ることで、実際はそば粉の方が多い場合はこうはいかないし、大介のような堅めのうどん以外では、なかなか思うようにはならない。
 そういえば、issyouさん、30年来の大輔ファンだったのか、なるほど。
 で、先日小火を出した「すきやばし次郎」のその後はどうなった、ってーのをネットで調べたのですがございません。相変わらず8月いっぱいは予約で満席ら しい。おまかせコース¥30,000、という。確かに美味いのだろうし、そのノウハウが一般とは違うのだろう。不思議にヒサヤ大○堂のCMを想い出した次 第です。食の入り口が出口で例えて申し訳ない。けど、これが、一般に「寿司屋の寿司は高い」に結びついているのではないでしょうか。ある種、功罪ですね。
 今日は奥尻島の津波被害のあの地震から20年目の日でした。何でも「津波」に結びつけてしまう。私、これはオカシイと常に思っています。直接の要因は「地震」です。
 私は2階に居ます。大揺れに揺れて倒壊寸前で揺れが収まります。この辺は海抜7mです。とりあえず防御牛制を取って散らかった家の中から外へ出ます。
 と、近所の木造家屋が倒壊して、人命救助を... 、やがて津波が... で、私の命はなくなります。
 どうでしょう、近所の古い木造家屋の倒壊、このことは今の防災では一切言われなくなりました。おかしなことです。家屋の倒壊で、その住人を助けるのが先決ではないでしょうか。公園でも何でも「津波」だけしか言われません。バカらしくて話になりません。
 一番近くの「阪神淡路大震災」のあの時を想い出していただきたい。津波以前に、どこからか火が出るかもしれない。阪神淡路の後は、このことが盛んに言われていました。が、今は津波有線です。
 家が倒壊しなければ、私はしばらく、2階の部屋でジッとしておくでしょう。ことはしれからだろうと、思います。

2013年7月11日(木)はれ
 暑さに紛れて身近なことを記録に残していないことに自省の念があり、自問自答をしております。先般来、このことは「蔦屋ホテル」の木造時代の写真の年代 の間違い?、から始まりました。この頃は、私にとってカメラはまだ楽しみの範疇ではなく、ましてや一眼レフを購入出来るような貯金もない時代でした。喫茶 店でコーヒー1杯が100円の時代だったのですからね。
 お向かいの犬飼さんへ問うても「?」。そんなバカなことがあるものか、と怒りに似た感覚が私を襲いました。事実、痒いところに手が届くようなものが、本 当にないのです。最終は宇和島自動車本社へ出向き、確認がようやく取れた次第でした。このことを考えると、私は、PCに記録として書き留めていますし、文 章検索で「蔦屋ホテル」で出てきます。が、実際の姿は、私の記憶の中にのみ保存ですから、今の科学技術では脳ミソから引っ張り出すことは出来ません。
 このことを年頭に、追手通りの突き当たりに目をやると、旧中華料理店の上側の一角が更地になっています。どうやら、ここにはコンビニが来るらしいのです が、つい数日前にあった建物はどんなものがあったのか?、ですが、私の記憶では正面向かって細い通りが1本走っていました。その右横がパーマ屋さん、その 隣がガレージ、もっと古い記憶だと同級生のH君とこの惣菜屋さんがありました。
 1本走っている通りには長屋の借家が数棟背中合わせに同じような長屋が数棟在った、という具合です。その通りの突き当たり、長屋の終わりは通りがあって、この長屋の裏を通る格好で城東交番から中へ入れる通りがあった。
 これが取り壊し前の状況です。
 何とか、と思ってグーグルで探すと、今の時点では存在します。今が最後でしょうか。しかし、細い通りはどうしても閲覧することは出来ませんでした。
 写真として残していればこの比較が出来るのですが、更地になった比較的広い一画地に、これだけの建物が建っていたのか... 、とアゼンとするのですが、私の力では、それができない。残念ですね。
 同様に城東交番前の笹町までの比較的大きい通り通りですが、その突き当たりには特徴のある建物があったのですが、現在は駐車場になっています。
 これからは、現在の更地の風景が間もなく変わると思います。真っ直ぐでありながら直進できない独特の道路がわかるのは今のうちしか在りません。F-1レースのシケインのようなんですからね。
 が、本日は恐ろしい体験をしました。いわゆる熱中症手前です。10時前からダイキへオイルとブレーキクリーナーの価格の確認に出かけていたのですが、こ れがね、汗の出方がオカシイのです。もちろん昨日より風はあるのですが、どうもボヨ〜ンとしたお天気、私たちの時代の「オキシダント濃度」云々を思い起こ させる模様でしたので、まさか?、と思いあわてて帰ってきました。が、まだ、汗が出ない... 。
 フラフラ気味でポカリを購入に近所のディスペンダーへ。帰って一息入れてゴクン、アッという間になくなる。おかしなもので、10分ほどするとポツリ、と汗のつぶが見えるようになってきました。助かりました。
 多分、考えがまとまらなくなって、クラ〜が来る前に歩けなくなる。これが高齢者の熱中症の症状であろうと思います。「それに気付く手前」に気付くようにしておかなければヤバイ、と思ったところです。
 で、本当はいけないのですが、夜は涼しくなったので一杯やることとして酒道場。ご常連の一人がいらっしゃったので、その方の元の職場の人との会話を、私少しばかり話を聞いてました。
 あー、ナルホドな、と思いましたね。元の公務関係のままならいざ知らず、民間企業になった今では、実際こういったことが起きるのだな、と思いました。そ の中での中間管理職です。上へのへつらい、下への命令。そこをどう取り繕っても、今の自分の身分から今の自分の部下を考えると、これは難しい。
 昔のTVドラマのCHPの隊長さんが風邪で寝込んでいる部下の隊員のことに少々お冠ながら、朝のブリーフィングで、「じゃ、俺もこの地区を担当するから」との発言があったわけです。私は、アッ、なるほどね、と感じました。
 道場での席での話を聞いていると、その中間管理職の人はそれが出来ないのかもしれない。それゆえ、別のたとえで話を切ってしまう。どうして自ら率先してやらないのだ?
 おそらく、管理職だからそれをやっては示しがつかない、というところでしょう。結局、今のこの職場は上手く逃げて、とは言葉が過ぎますが、実務経験が無 い管理職オンリーの道を歩んだ奴らに牛耳られているのであろう、と感じました。確かに公務員然としていた時代は、上からもしたからも認められていました。 が、今はあそこの職、ここの職、と細分化されすぎています。同じ部屋に居てテープで区分けしている始末。私自身オカシイ、と思っていますが、管理職連中で はもっと端的に「ウチの仕事じゃ無い」と割り切っている始末。
 なかなかオモシロイ光景を目にしました。飲みながらの会話なら、全国レベルで人事異動の対象をピックアップすればいい。いわゆる警察官的な人事異動をす ればいいのです。モンク言われるばかりの管理職など日本の通信、貯金、保険を司る会社には必要ないのです。「すんません、会社は違うのですが、これ教えて ください」と言う方が、セクト争いのようなバカげた社会を自ら作り出してしまった、この企業は、一部不安が残ってしまうのです。
 ま、おかしげなことを欠いてしまいましたが、お許しを。企業は言わなくてもお解りでしょうから。

2013年7月10日(水)はれ
 かしな夢を見たよ うな気がして起床。そう、今朝のうちにお墓へ行こうと用意します。オー、スゴイ。背の高い雑草群。でも、簡単に引き抜きできる。難しいのは解ってるので、 これは次の雨の後、ということにします。それにしても、先に枯れた草を栄養にして、違う草が生える。数年前は菊科の雑草が凄かったのですが、雌日芝(ひめ しば)という穂の出るもののようです。値が取れなかったのは爆蘭(はぜらん)でしょうか、小さいピンクの綺麗な花を咲かせます。えんじの丸い味がハゼるっ てことのようです。刈り取っても根を残すとまた咲き誇ります。スゴイ強さです。
 ツメが若干灰汁で黄色くなってますが、致し方ありません。30分ばかりかかりましたが、無事終了。帰宅して、昨夜購入していたスーパーサンシャインの手作りパンを食します。が、どうもイマイチですね。
 さて、選挙区選挙の候補者の政見放送を聞いているのですが、ま、予想はつきますね。声を聞きつつ顔を見ますと、どなたも落ちて当然、という気分です。 で、アナタは議員に成ったら何をするのか、などは一切無い。きれい事では無いのです。戦いなのですから、8時から20時までどこをどう攻めるのか。候補者 がすれ違うとき、「○○候補のご健闘をお祈りいたします」等は無い世界です。ネットで良いことを言っておきながら、実際の政見放送はそこへ至っていない、 というのが大半でしょう。ま、その逆で従前のように実際が選挙運動、という方の方がやはり強いのかな〜?、とも感じるところです。残念ながら、批判は出来 ませんので、私が感じたところを申し上げました。
 ブログにも記載しましたが、妙にこの街のことを不安視するようになりました。まだ、波は立っていないようですが、松山市のようになると、おそらく収拾が つかない状況になるのではないか、と思ったりもします。規模が小さいので、まず間違いはないと思いますが、こればかりはネ。
 ここ数日ですね、日中は家の中でジッとしています。外に出るとぶっ倒れそうになるのです。特に11時以降は意識朦朧の寸前になります。そういったことか ら、窓から見えるCORE OHTEMACHIが陽光に照らされる状況を時間ごとに見ているのですが、1日のうちで、午後4時前後に空の青さとともにクリアになるのです。これをス カーッとのうち、カーッを当てはめました。そして、私が午後の活動を開始する、という具合になります。
 午後6時を過ぎると、西の風が吹いてきます。こうなると、寝苦しくはありません。無事に夜を迎えることになるわけですね。
 そうそう、こういった気分を感じつつ、これって普通の夏ですよね、と思うのですが、私の間違いでしょうか。熱中症って病がありますが、つい最近まで「日 射病」と「熱射病」ってありましたよね。大半は日射病で片付けられたのですが、どこかの番組で「鉄工所の熱対策」と題して報道していただけると嬉しいとこ ろです。
 そうじゃないですが、高温で溶けた鉄を相手に耐火服を着用して作業している方々の対策は参考になると思うのです。でないと、鉄工所の作業員の方々の病院への搬送ばかりが話題になるはずですから。

2013年7月9日(火)はれ
 なり日差しの強い1日でした。しかし、風はそこそこあるし、先日記載した「スカーッ」のカーッとした部分は十分に感じました。少々意気消沈している私にとって、ブログの記事を確認できたような気がしました。
 もちろん、一部は諸先輩方の言い分も含まれますが、大半は私の感じ方で記載しています。
 そんな中、今日のNHK総合テレビ「いよいち」の時間に、城川の「どろんこ祭」が出ていました。この画面からカメラ部分だけを記載しますと、当初、三脚 を場所取りに使っているところが多分に見受けられます。私の予想では、あー、これって、いちいちモニターで確認するのだろうな、と感じてしまいます。
 実際は、カメラマンの体力と、SD、CFカードの容量にものを言わせて、この場面を数ショット撮影して、残りは家に帰ってパソコンでいろいろ選ぶ。自分の腕を信じているから、上手くいっているかは自分との戦いだ。
 が、実際は全く違う。おそらく1G、2GのSDカードで、ここぞ、と言うところだけシャッターを切っている(のだろうな)と思われるところが多かったで すね。おそらく、この場面で、というところでは観客と楽しんでる。メモリーが容量一杯になった、とは(恥ずかしいので)言いたくない。
 私の考えでは、「これではダメだ」、としか言いようが無いのです。本来なら、フィルムカメラでこの席に臨むはずです。それなら判ります。
 が、デジタル一眼持っているのです。メモリーは2GBもあれば十分なんです。なぜ流すようにそれをしないのか。未だに私には分かりません(パソコンが無いかもしれないという不覚)
 という意味も的を得て当たらずも遠からじ、のブログになってしまいました。
 で、気分がよかったのでフランチャイズの酒道場。知り合いのお仲間が結構いらっして、私はどうすれば効率がよく飲めるか、を考えていました。セコイで しょ。でもお金ありませんからね。そういった中ではありましたが、かつてのトラック運転手の話とか、実に楽しく過ごせました。
 チョイと飲みが不足気味でしたので、(明日分はサンシャインで購入済みのため)サンクスまで買い出し。途中4丁目の女性から声をかけられましたが、妻の フランチャイズのため無視。今の状態では、万一の場合を除いて顔を合わすことは無いでしょう。どうして?。それは、アナタが勝手知ったる店を知らないから だ、と思います。もちろん、深く入り込んでのことは無いですよ、念のため。
 NHKの歌謡ヒットスタジオ、参りましたね。橋幸夫も、もう少しもっともらしく話してほしいものです。民放番組で「あの人は今?」というような番組で橋幸夫さんが無いでしょ。それは、あの態度にあるのではないか、と思った次第です。
 その点、綾小路姫麻呂さんはよかったですね。この方に司会で紹介されたりすると、少しばかりムッとするかもしれませんがお互いプロですので、許してしまうことになりそうです。我が家など、危機一髪状態の毎日ですから。
 今日の結びに、NHKで自転車事故のことをやってました。この番組を見て思い当たる方は「ヘルメット」を装着していただきたい、と感じます。中学生程度 なら、自転車を無視することは出来ます。が、年齢が高くなると、それどころでは無い状態になるのです。商店街の坂を自転車をキャリーカー並みに押して歩い ている人が居るのですから。
 自転車は道路交通法上軽車両です。一般の車両と何ら変わりません。チャリなどと言うバカげた言い方は止めていただきたい。道路交通上での自転車は「許可制」にしてもイイほどのものである、と国民全てが理解しておく必要があると思います。

2013年7月8日(月)はれ
 うやら今日が梅雨 明けのようです。私は朝のうちにキオスクへ朝食を求めに出かけ、その後は、陽を避けるために家の中に居ます。全体的に、私の皮膚の露出部分はヤケド気味で す。切り傷などは無いのですが、もし瘡蓋などが出来たりすると、この部分がシミになって残るので、要注意、というわけです。 
 で、先日来のiPhoneとFOMAの関係の実験と報告では大変疲れました。ネット上での報告文は、大半がXiやFOMAのエリアが充満しているところ です。そこで記載されたモロモロはそれなりに合ってますが、この辺でそのとおりにやったら、そうはならない。じゃ、その報告はウソか?、にはならない。 docomoへ聞いてもドコモ教えてくれない(爆)
 泉ヶ森の頂上のアンテナ群も随分と増えましたが、中継局だけでカバーすることはできません。それ故のこと、どこまでいけば... 、それだけNTTもリキ入れるような宇和島のレベルでは無い。とまぁ、なかなかオモシロイことがこの実験結果からわかりました。
 話は変わって、梅雨明けの1日、スカーッとした暑さでは無かったです。しいていうと、スーッとする前のようなもので、その後のカーッとするものが感じられません。
 私は1971年4月〜75年3月までの年ごとの大半を名古屋で過ごしました。その期間以外はこの街に住んでいます。根が生えたまでは言いませんが、ま、 それに近いものでしょう。それゆえよく解るのかもしれませんが、職に就いたその日から今もって忘れられないことがあります。
 75年4月、仕事帰りに、職員で、なおかつある政治パーティーの方から、喫茶店のMへ呼びだされて散々何やかや言われました。私は早く家に帰って晩飯を 食いたい一心でしかありません。職に就いたその日にこれからのことなど判るものか!、いつになれば返してくれるんだ。私としての最後通告「時間ですので帰 ります」と言い放ってコーヒー代金を払って帰ってきました。
 後になって「自分のコーヒー代は払う必要なかった」と思いましたが、止めました。その後、その方が職場を辞し、パーティーのエライ人になってますが、職を辞したことが解ったような気がしました。
 数年後、若い人の集まりとして、現在県レベルお偉いあの方にも散々やられました。今でこそエライ方ですが、あの当時はコマ仕えでしか無かった。この嫌らしいほどの諦めない気分はヘドが出そうになりました。
 もうお一方も同様でした。当局でさえ、平成の御代になるまでダマされ続けたのですから、私はこのパーティーの言い分は反対の反対をやるので、今でも嫌っています。いい加減、今もって確認票のための立候補など止めてほしい、とも感じるところです。
 しかし、これまでパーティーの中で、お一人だけ信じられる人がいらっしゃいます。存命中のこの方を見ていれば、自ずと解ります。ところが、同じパー ティーのメンバーでありながら、誰もこの方を助けない。つまり、この方が芯を通していた頃のパーティーを背負っていた方々の最後の一員であったのだろうと 思います。他は腑抜けになってしまっているようにも感じるのです。
 私はこのことから、常に批判が大部分ですが、このパーティーについて申し上げるときには、この方の姿を別にして、と申し上げているところです。
 この方のことは別にして、他は存命中ですから、あちらは私を忘れているかもしれない。が、私ははっきりと憶えています。亡くなられても、このことは忘れません。否、忘れられないのです。
 このような状況ですから、私の表面上の姿とは変わって、内面は恐ろしいものが流れているのかもしれません。このパーティーの考えに欺されてはならない。

2013年7月7日()はれ
 日のiPhone でのデータ通信テストの結果が思いのほかのものでしたので、少々あっけにとられてしまいます。真面目に、この辺はデータ通信不毛地帯と言わざるを得ませ ん。私は前々から申しているとおり、iPhoneをdocomoのFOMA回線で使用しています。ここでのWi-Fiスポットは一番の近くは牛鬼ストリー トです。このスポットはどこのものか不明ですが、ストリートのあそこの場所ですと、確実に速い通信速度を示します。ま、お探しください。
 その次に速いのはNTTの新橋店ですね。ここは元の電信電話公社のビルです。中に入らなくても、店舗が見える範囲ならOKです。ローソンの栄町港点では 隣にソフトバンクモバイルのアンテナがあるため、注意を要します。「どのネットワークにするか」の画面はキャンセルすることです。
 私、何かバカやってるのじゃないかな、と思ってしまって、結果報告のブログの文章を書いてる(!?)と、ムック本のとおりにはいかないナ〜、となってし まいます。多くの方は、私のような使い方はしていないと思いますが、どうやらNTTドコモはXi(クロッシィ)契約をさせようとしてヤッキになっているよ うでなりません。ところがFOMAは絶対に無くすることができない。
 一方のキカイは能力は優れているもののバッテリーが最低線で1日しか持たない。毎日充電、という始末です。それに、携帯もXi専用機に替わっていますから、表面上は無風であっても、内部は相当に波風が立っているのだろう、と思いますよ。
 自社回線の大半を自社開発のスマホで!!、がNTTのいつもながらの行き方でしょう。私からすれば、自由度が今のトップ陣には無いような気がしてなりません。
 iPhoneは検討中、は社長の外交辞令でアンドロイドがベストであり、これにかけているのだから、iOSなど絶対入れてはならない、の考えでしょうね。そうとしか考えられませんもの。
 さて、アシアナ航空のボーイング777、事故後の機首部分の写真を見ると、妙にすずめが息絶えているような感じがしてなりません。ケロシンオイルだから燃えたので、ガソリンだと爆発となりますから、これもよかった。
 事故原因は尻モチでしょうか。それ以前にぶつかったようなものがあった、とのことですから、着陸進入角度が淺さかったのかもしれません。日航機はこの尻 餅をついた後、再び飛び立って、機体後部の隔壁破壊事故になったわけですから。今回は尾部が吹っ飛びましたもの。これは787のバッテリーと違い早期に究 明されるでしょう。
 そうそう、昨日は吉田の夏祭りでした。私はすっかりグロッキー気味で出向けませんでした。もし行っていれば、4時頃の大雨に遇って、遅れたであろう踊り が... 。それ以上に暑さと湿気でコテンパンにやられていたのではないか、と思うのです。行かなかったのは正解かもしれません。
 昼食は久しぶりにうどん。大介でもここ最近出店した丸亀うどんでもありません。丸亀うどんではありますが、サンクスの「中村うどん」のぶっかけです。ホ ントにぶっかけやるのですが、ほんの数分待つことが肝心です。そうすると、このうどんの旨味が別格であることが解るはずです。出汁をぶっかけて、うどんを ほぐしながら食べるとマズイ。これ確実です。オモシロイものですね。残った出汁は冷水で少し薄めていただくと、微妙な味わいを感じることが出来ます。お勧 めです。
 先週、今週、と八重の桜は見終わった後、微妙に考えさせられました。上下関係の云々、主君に対する忠義としての命、日本人特有の消し去ることの出来ないDNAがそこにあるのだろうな、と感じられるのです。
 この戦いで生き残った者が明治の世の中にどう生きたか?
 これを考えると、先に死んでいく者の方が幸せかどうか?
 その中で生き残った者はPTSDに悩まされ続けたのではないか?
私の考え方でしかありません。
 おそらく、画面以上の状況であったろう、と思います。私、以前から悲しい気分の「会津」からは目を背けていました。しかし、この番組を見てからは、少し考えを変えました。
 真面目に、私の誕生日6月5日のことを考えると、昭和17年の6月5日も実際の場面は私が想像するようなものでは無かった、それ以上に、「肉弾戦になると命などどうでもいい」になるのではないか、と感じてきました。
 これが、極東裁判で言い逃れが出来ない結果につながったのであろうと思います。言っても欧米人には理解できないだろうから「私は貝になりたい」がそれでしょう。この考え方は、日本人全体が死滅するまで続くDNAであると思います。
 助かった者が言いようのない辱めを受けるなど、さえたるものです。
 私が出している、今回の選挙での「闘い」が「戦い」であるかのような、それを前面に出せない、これまた日本人のDNAではないか、とも感じるのです。
 確かにあらゆる面で楽になった現代ですが、生きるのは結構厳しいものがあります。それ以上に生き延びるには、真に難しい時代であると感じます。これら以上 に、国、幕府、藩、身分、家族、と考えれば考えるほど、自分の意志を貫き通すのは難しい時代ではなかったか、と思います。番組中、捕虜となった女性が敵兵で ありながら「どうするか、自決するか」を彼女に自己判断させるシーン、今と違って、これらの制約から命乞いは出来なかったのであろうと思います。敵兵の薩摩藩兵 士の裁量権は事実であったろう、と思います。
 この点、彼女が自決前に呟く言葉が、あの当時のことだったのでしょう。おそらく、今なら懇々と理由を述べ命乞いをするでしょう。これが正しいのかどうか、私には判断できません。が、あの当時であっても「生き延びる」という方策は何かしらあったのではないか、と考えます。
 戦争を知らない者が大きなことも申しました。お許しください。昭和26年生まれの私でもこの程度の考えしか浮かびません。

2013年7月6日()はれ一時雨
 朝より docomoのWi-Fiポイントの確認のため、朝食の購入を兼ねてローソンの栄町港店へ出向きます。近所にソフトバンクモバイルの店舗が入っているビル に’それとおぼしきアンテナ(セルラータイプ)があるので、テストするとネットワークをどれにするか?ときましたね。こういったときに、もしかして、の気 分が頭を過ぎります。これを、明日のMy docomoでの確認となるわけです。
 これを次のドコモショップ新町店でやると、速い速い。これなら費用がかかっても仕方がない?、とはいえ、なぜ経費がかかるのかのテストですから本末転倒にならないよう。
 ブログをしたためた後、この前、2日に起こったことを想い出しつつ、ちょうないを1周します。安藤コーヒーにWi-Fi利用できます、と看板がありま す。どうやら、パラボラが南東方向へ取り付けられていますから、このアンテナはWi-Fi用でしょう。衛星放送では南から南西方向ですからね。
 で、この辺から一切入らなくなったポイントを見ると、マジ、光ケーブルなどが入っていないところがあるようです。ギリギリ丸之内和霊神社向かいの電柱に 灰色のボックスがあります。おそらく、酒道場を過ぎたところから、リージェントホテルまでは、このボックスへ接続されているものは皆無で、光のラインも 通っていない一般家庭と賃貸マンションではラインから光通信はやられていない、と思ったところです。
 今日は多くの候補者が市内を凱旋しました。中央でもいろんな場所でやったようで好ましいことです。もしも、後はネットでご覧ください、なーんて投手が言ったらどうなるのでしょうか。ただでさえ演説の下手な方々ばかりなのに、これ以上おかしくなりそうです。
 言い分はもう、結構。選挙は選挙、政権は誰が打破するのか、自民党の選挙で信任投票か。所詮「闘い」としているからダメなんで、ギリギリのところでクリアできる「戦い」をやらなければならない時代になっているのではないか、と感じたりします。
 夕方前に強い雨になりました。湿度が一層高くなってムーンとした後のことでした。雨が上がりそうになって、少しばかり涼風が吹いてきました。まるで打ち 水やったみたいである種不思議な感じを。加えて、雨漏り後からかび臭い臭いがツーンとやってきて、アー、まだ梅雨は終わっていないな、とも感じた次第で す。
 湿気のないカーッとした夏が早く来てほしいものです。

2013年7月5日(金)くもり時々はれ
 ーンとした朝、早 めに起きます。やることは午前中、しかも早いうちに。今朝の新聞に愛媛の4候補の公式サイトが出ていたので閲覧します。各候補なかなかのものがあります が、何か「このため」に作ったものがありますね。そのなかでも、あの方のものは以前からHPがあったようで、まるで小誌の有料版のような気がします。も ち、私のは軽めに作ってますが... 。これでいくと、ポスターなんぞ高齢者の多い地域に限って「私はこういうものです」のポスターを貼ればいいのかもしれない、と感じました。その他はネット 見れば十分に伝わりますもの。こういったところで差が出る、とは思いませんが、これをネット運動解禁前から地道にやっていると... 、と感じるのです。
 が、再びネットを重視すると空しさを感じるのです。私自身のHPを見ながら、これでもか・これでもか、とやればやるほど、おかしいほど空しさを感じるの です。言わんとすることは解るのですが、やはりむなしいのです。たとえば、これが実際に紙面になって自分の手に持ったとき、その時の実感はやはり「リア ル」であるべきで、「バーチャル」では想像の域を出ません。これが「問題点」でしょうね。
 したがって、メディアからすると、新聞がなくならないのは、こういった面があるからでしょう。この間からやってるネットブックで読む書籍(小説が主)が、読むうちにむなしい気分になるのはそのためであろうと推察するのです。
 災いは忘れた頃にやってくる。まさに。ちょっと嫌なことが起こりました。なかなか難しい病気の上に小さな身体のため、どうも上手くありません。ツライところです。
 知らせを受け市立宇和島病院へ。いつもながらの風景に違和感バリバリです。ハッキリ申し上げて人間無視の病院の建築、と言わざるを得ません。もっと言い ますと、何か機械的で、入院患者は病院の言いなりになっていればいいのだ、と感じます。一般人の患者には、こんなコマゴマした状況では症状が悪化する、と 思ってしまいます。
 ホンのコマゴマしたことの改善でいいのです。「慣れるより慣れろ」ではダメだ、と強く感じました。
 話変わって、東電というところはどういった会社なんでしょう。旧態依然がまかり通っているようでなりません。迷惑施設だから、ゼヒお願いしたい。見返り は十分に用意する。のー越後屋、とは言いませんが、事故前はこれで良かったんですよ。が、事故後はそうはいかないのに、ベントの件で、これを平気でやって しまっている。
 伊方でもそうでしょ、知事は反対しているのに、町長は「即時決行」を願っているように感じます。そこに働くのは四電からの迷惑料です。これが伊方町の大 半を占めている尾ですから、四電様々なんですよね。四国電力を悪く言うつもりはありませんよ。が、国の持ち分、件の持ち分、接地市町村の持ち分、これらの 規定がテンでバラバラで動いているわけですよ。
 私が伊方町長であれば、即座に2〜3種類の補正予算を設定しておくよう、財政当局へ申し入れしますよ。そして、県と伊方町との関連を密にする一方で、地 域住民にしっかり説明会をするようにするべきでしょう。万一のことが起きれば、八幡浜市はもとより、圏外の山口、広島はもとより、宇和島にも迷惑をかける のです。そういったことを、伊方町が補償してくれるのか?
 伊方町を潰しても、これは出来ませんよ。四国電力も出来ませんよ。では、誰が万一の場合責任を取るのか?
 非常な問題ですよね。どうか、このことをよく考えていただきたいのですよ。
 オーット、話が大きく逸脱しました。ゴメンナサイ。
 今日の結びに、安倍君の演説、楽しい限りですね。「これしかない!」といいましたよ。やがて選挙の後景気がちっとも良くならない、となると、ね。マニ フェストなんて揚げ足を取る道具だけで、政策なんてどうでもいいのですよ。いかに選挙に勝つか、それが一番の問題でしょ。こういったことに欺されてはダメ ですよ。
 したがって、選挙区選挙も個人名を、比例区も個人名を記載してください。よろしくお願いします。

2013年7月4日(木)くもり一時雨
 店街が定休日のた め、静かですね。私、あんどーなつの19、20刊を買いそびれて悩んでいました。市内の明屋、宮脇では在庫は皆無の様子。と、いうところで、久しぶりに岩 﨑書店へ。ゲッ、ない。こんなものか、として、棚の下を見ると、あ〜るじゃありませんか。最悪ネットで、と思っていましたが、すんでの所でセーフでした。 ホッ!
 そのついでですが、先般紹介を受けた床屋東京での旧蔦屋ホテルの写真のことです。ここで写真にあった撮影が1967年(昭和42年)はおかしい、と思っ てしまい、写真の後の新築蔦屋ホテルの定礎年を調べているため、宇和島自動車の組合へ出向きましたが、組合史には未記載でした。
 先日は商工会議所へ出向いて、今の建物は昭和42年にできあがっていることを確認しています。いつもながらこだわるのですけど、今回ばかりはある種、調 査無しに表示するのはいかがなものか?にあります。しかもその表示を市内の著名人がやっていますから、私の歴史からすると腑に落ちないのです。わずか数年 の違いでしょうが、歴史を伴うものには、誤った表記は許せないのです。
 まず、床屋東京にあった当初の木造時代の蔦谷ホテルの写真に1967年とありました。木造の高級旅館で、門構えを持ったものです。その写真に当初の観音 開きのクラウン、初代プリンス・スカイライン、あるいはいすずの(ノックダウン生産の)ヒルマン・ミンクスとおぼしき自動車の写真が写っています。
 初代クラウンが1955年(昭和30年)です。マイナーチェンジが繰り返されて1962年(昭和37年)まで生産されます。映画「南海の狼火」(昭和 35年)では新旧のクラウンが登場します。最初に浅丘ルリ子の兄役(ウルトラマンので有名な)が宇和島駅前から乗る車種がテールランプがとんがって、その 部分が別カラーのモデルのクラウンでした。もう一つは、宇和島ホテルへ止まる宇和島自動車のタクシーのクラウンがテールランプの小さい初期モデルです。今 回の写真にあるのがクラウンとすればテールランプのとんがった後期モデル、ということになり、映画からすると写真は昭和35年近辺となるわけです。
 また、初代(プリンス)スカイラインも同じ年代(1957〜63年)で、昭和ですと32〜38年です。これも南海の狼火の駅前のシーンで、縦目4灯のセドリックとともに出ますから見極めが付くと思います。
 掲示してある写真をよく見ますと、ヒルマン・ミンクスにも似ていますが、スカイラインの方が近いかな?、とも思います。こういったところから、写真は昭和32年〜37年までとなってしまうのです。
 それでは、鉄筋の蔦屋ホテルはいつ建ったのか?。宇和島自動車へ向かいます。調べていただくと、昭和44年(1969年)ということでした。つまり、建 築期間を12か月としても木造の取り壊しは前年の昭和43年となります。ここで気付くのは、単純にこの前年の年号1967年を持ってきたのではないか、と ゲスの勘ぐりをしてしまうのです。
 しかし、隣のもう少し下側から撮影した写真には1960年(昭和35年)とあります。この写真には、蔦屋の隣の浦田産婦人科、旧商工会議所も映っています。見づらいのですが、木造の蔦屋もあるようです。
 以上のことから、明確な決定は出来ませんが、昭和32年から43年の間であろう、ということになります。こんなちっぽけなことから、過去の歴史が解るのですから、なかなかオモシロイものです。こういった学習をやるとオモシロイのですが、試験には出ませんから(爆)
 と、こういったことを今日やっていました。謎解きをやり始めると時間を忘れます。オモシロイのですが、今回のようにもう一息、ということになると、若干 モヤモヤが残ります。この悩みが尾を引きます。何やってんだか?そういえば、南海の狼火の撮影場所もこの調子です。残り1か所なのですが、今もって不明で す。段畑は森に変わり、道路の拡張は山を削り海を埋め立て、ですからね。当時の新聞を見ても「三浦方面」だけですので。
 夕方からの雨、またしても雨で全く頭にきます。これで、風があればいいのですが望み薄です。しばらくすると水(雨)での冷却が進みム〜ンは消えますが、湿気は一杯ですものね。早く梅雨明けになってほしいものです。
 さて、今日は参議院議員選挙の公示日でした。ずばり予想します、と同時に、民主党は負けたな、ここは井原だろう、と確信しました。
 昼前後、市役所前、ポスター掲示板に彼女のポスターがないのです。民主党の細野幹事長が来県しとんでもないことを言いました。永江を推薦しない。小沢の 党と云々から始まった一連のことが、ここに来てポスター掲示までになろうとは誰が想像したでしょうか。私は、この方はおそらく落選するだろう、と思いま す。
 ポスター貼りは動き回れる人物が居ればOKなんです。わたしも日振島まで出向いたこともありますからね。彼女尾ポスターは信頼関係のある民主党支持の団 体から人数集めやって... 、のはずですが、それは一切ないようです。つまり、県下の民主党の主立った方々は動いていない、ということになります。
 あんなに活動していた友近氏もはがきで「活動を停止しました」だけの通知でした。こんなやってもやらなくてもいい選挙などやめればいい。全くバカげています。
 一切ぶれずに主義を通す、というのが必要です。今回の県内の戦況はどうでもいい、というのが今の心境です。

2013年7月3日(水)くもり一時雨
 BELLの自転車用 ヘルメットが到着しました。今年の製品ではないのですが、ま、致し方ないでしょう。装備品が少し違うだけですから。内装へ若干の修正を加えました。メイド  イン チャイナですが、ボウタイの基本は欧米人の形状ですね。がサイズは61まで。300g内外ですし、自らが動き回る自転車ライダーなのですからキッ チリが好ましいのですが、どうしても蛮人にフィットするわけではありません。それをギリギリ頭蓋にフィットさせる修正です。申し訳ありませんが、これは非 公開です。決して帽体を削るなどの行為をやるわけではありませんので念のため。
 我ながらこっぱずかしい気分で一杯ではありますが、気にすることなく、古いラレーをSR500と見立てて走らせます。ホント、何だろう。なぜ、気にするんだろう。こういったときに限ってパトカーなりに合いません。
 すれ違う人も振り返ることなく、です。不思議な感覚ですが、末日聖徒イエスキリスト教協会の宣教師の姿を見慣れているのでしょう。罰則のない県条例ですが、官公庁部門だけでもヘルメット着用を目指すべきではないかな、と思ったりもします。
 夕方からは一点庭にかきくもり、でありました。スゴイ雨とともに雷鳴とどろき、外だと、この世は紙風船になったいたかもそれません。これだけかと思ったのですが、以後断続的に降って、午後10時過ぎまで雨雨雨の連続でした。
 そうそう、iPhoneのパケット通信をフラットにしているのですが、どうも割高に感じます。当たり前のこととは言え、データ通信をあまりやらない私に とっては、パケホウダイ・ダブル程度の方が好ましいようです。そのかわり、Wi-Fiスポット近辺でないと、どうもヤバイことになりそうですが、ま、様子 見ですね。
 ともかく、3日遅れでしたが、愛媛県条例をクリアできました。これで安心。人柱となって、多くの人がヘルメットを着用してくれれば、と思います。

2013年7月2日(火)くもり一時雨
 、My docomoのサイト、ジェジェジェ、月額8,000円?一瞬真っ暗闇ですが、ま、想定どおり。これをどうするべきか?むずかしい。元の契約に戻すか?ウーム、考えます。
 逆に考えると、この額で変化ないのならこのままの方がお得かもしれません。今月末までこれでやってみます。理由は簡単。パケットの上限がわずかですがこ のタイプの方が安いのです。基本料も割引率が高い。特に固定電話への通話が時として増える場合は、この基本料の方がお得になる、という次第です。
 これも、LET通信不毛地帯ならではのことで、ガラケーでの独自性を追求したNTTのダメな点でしょう。近所の吉田町では未だに携帯が届かないところが ある始末ですからネ。にもかかわらず、MOVAからFOMAへ強制的に変更させたり、スマホ有利とみるやXi(クロッシー)契約を推奨したり、と親方日の 丸的な開発をやってるようで、山国ではないまでも、高知県境はもとより、隣町までも山越えをしなければ行けない地域性など、無視されているわけですから ね。
 これを頭に置いて、データ通信をONにして「らじるらじる」をONにしてテストしました。階下へ下りる際「プツッ」と音がします。アー、ここで家庭内の Wi-Fiからデータ通信に変わったな、と解るのですね。うちの近所を町内1周。なかなか結構です。ところが、国道へ出たときでした。愛和幼稚園前へ来た とき無音状態に東進塾の手前です。あれ〜、ここって通信教育の塾じゃないのか?。セキュリティー上塾の開講時間までは電源をOFFにしているのかもしれま せん。
 あっという間にリージェントホテル前へ来ると見事に復活。ホンの間口10mの間ですが通信が切れるのですから、少しばかりアゼン。ちょうどMOVAからFOMAへ変わったときのような感じでした。
 と、テストの後、通話をあまりやっていないことに気付いて、基本をバリューSSに変更しました。ま、割引とともに数百円安くなるだけですけどね。ま、携帯電話もこれまで、となります。しかしパケットの料金は高価ですね。
 もう一点、本日は失敗談を。それは、少しばかり読みを焦ってポータブルのレコードプレーヤーをお安く買ったのですが、後で気がつく何とやらで、これ単独では使い物にならないことが判明。後の祭りでした。
 もちろん、付属のソフトウェアがWindows用でSound itライクな仕上がりのため、PCでやると、結構なものになるのではないかな、と思います。中国製のため仕上げなどは雑ですが、幅広のゴムベルトで駆動す るなど、基本がいいので、Macユーザーの私には残念なところです。しばらくは保管と相成ります。
 さて、よからぬ噂は出るもので、9月の市議選は無投票、というのが最近のそれです。市議会議員20数人が無投票、ということは、あの方とあの方が辞し て、あの方とあの方が入り込む。よって無投票、という筋書きです。なるほどね。参議院選を前に、2か月前の今頃、こういった噂が出るということは本当かも しれません。
 仮に25人にして、1人立候補すると、余程の知名度がないとダメ、ということになります。同じ枠内人数では最低でも3人は必要でしょう。これが出ないと なると、今市内を回っている候補予定者ぐらいでないと選挙を闘うのは難しい、ということになるのでしょう。市長選はどうでしょうか。ある方は市議選に回 る、ということもいわれていますから、これまた石橋氏の無投票、で市議も無投票、チャンチャン。と、確率は高いのですが、あくまで噂に過ぎませんがね。

2013年7月1日(月)はれ時々くもり
 7月になった途端 に、ようやく雨が上がりました。県条例で自転車のヘルメットを着用することが今日より施行ということになりました。このため、ネットで自転車用ヘルメット についてをいろいろ見ていました。帯に短し襷に長しで、靴底から足の裏をカクものばかりで、少しばかりうんざり。ま、メーカーとテメーの頭の形が問題です から、どのメーカーのどの製品、というのが限定できないのが常ですので、これは表現が難しいですね。ここから進めば、ヘルメットの安全基準などが出てくる のでしょうが、オートバイのようにはならない、と今のところは考えています。
 さて、SR500のクラッチがくっついている可能性があるので、数回の断続をやってフリー化しました。この部分はどうしても濡れと乾燥を繰り返すとサビ でクラッチディスクとフリクションプレートが一部くっついてしまうのです。クラッチプレートをアルミにしてみるのも一興かと思いますが、未だ試しては居ま せん。
 その足で、久しぶりに吉田と三間の支所へ出向きました。いつもながら市内は警邏のパトカーが多いのですが、吉田はCB1300の白バイが川向こうで見 張っているなど、何とも言えませんね。警視庁官の弁はどうなんでしょうか。国道56号線で一般国道の最高時速60km/hとしているところは皆無ですか ら、この辺はどう考えればいいのでしょうか。遅い車が安全であるとは決まっていません。制動の最終判断は「心のブレーキ」でしょうから。
 吉田から三間へは山越えをやります。いつもと違って、プロパーなどの車は少なくなりましたね。考えてみれば峠越えの仏木寺からの歯長峠を通って西予へ行く必要も無くなりましたからかもしれません。
 午後から、昨日のSound itの続きをやります。微妙ですが、なかなか高音質でCD-Rに焼くことが出来ました。そうそう、ブログに出しておいた件、ある方が読んでいらっして、再 びカセットテープってことになるのではないかな、と感じましたが、今時エアチェックなんてやりませんよね。今はダイレクトではなく、どうやってるんだろ う。簡便な方法として、テープの利用はまだ使い途があるようにも感じます。
 夜は、本当に散々悩んだ末に、自転車のヘルメットを発注しました。さて、宇和島市の巨頭の私ですが上手く収まるのでしょうか。
inserted by FC2 system